第1回】2000億円の資金が流入 市場沸騰で変わる起業家像

ベンチャー企業ブームが再燃している。昨年の資金調達総額は初めて2000億円を超えた。資金の流入で起業家の人材も変わった。若手起業家を通じ、10年後も稼げる条件を探る。

 「ベンチャー企業の資金調達が、これまでにない盛り上がりを見せている」

 こう語るのは、調査会社ジャパンベンチャーリサーチの北村彰相談役だ。同社によると、未上場企業の資金調達総額が2016年に初めて2000億円を超えた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

起業家に学ぶ 10年後も稼げる条件

週刊ダイヤモンド

人工知能(AI)が進化し、長寿命化社会を迎えた今、教育の在り方が大きく変わっている。受験戦争を勝ち抜き、有名大学を出て大企業に入り、順当な出世コースを歩むという戦後の教育スタイルはもはや成り立たない。一方、自ら仕事を生み出し、道を切り...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Entre_info 【 第1回】2000億円の資金が流入 市場沸騰で変わる 1年以上前 replyretweetfavorite