第7回】“機能性”チョコレートが B級サイエンスで大顰蹙

「チョコレートで脳が若返る」という話を聞いたことがあるだろうか。もしチョコをたくさん食べて健康になれるなら、それこそ夢のような話だが、そうは問屋が卸さないのが世の常だ。

 内閣府ImPACT(革新的研究開発推進プログラム)と明治が1月に共同で発表した、ある研究成果が波紋を呼んでいる。その内容は「高カカオチョコ(カカオ分70%以上のチョコレート)の継続的な摂取が大脳皮質の量を増加させ、学習機能を高める(脳の若返り)可能性があることを確認した」というもの。これの何が問題だったのだろうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
エセ健康科学を見抜く クスリ・健康食品のウソ・ホント

週刊ダイヤモンド

「薬は副作用が怖いから、医者に阻止されないように黙って飲むのをやめよう。安全で効果もバッチリある健康食品で病気は治せばいい。毎日の食事は地元産の自然食材だけを口にしているから安心・安全!」──。その選択、ちっとも安心・安全ではない。エ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません