第5回】カップラーメンで健康に? 節操なき乳酸菌“狂騒曲”

今、乳酸菌には、食品メーカー各社から“出演オファー”が殺到中。もはや乳酸菌=ヨーグルトという固定観念は崩れた。このブームはいつまで続くのだろうか。

 昨今の食品業界には、「猫もしゃくしも乳酸菌」という言葉がふさわしい。現在販売されている乳酸菌入りの食品は、菓子類、ふりかけ、カップラーメン、アイスクリームと、実に多岐にわたっている(下図参照)。その中でひときわ異彩を放つのが、タカノフーズの「すごい納豆S-903」。納豆には「納豆菌」という善玉菌がすでに含まれているが、さらに乳酸菌をプラスしたといい、おなかの中がさぞかし菌だらけになるだろうことを想像すると、おなかのためとはいえ少々複雑だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
エセ健康科学を見抜く クスリ・健康食品のウソ・ホント

週刊ダイヤモンド

「薬は副作用が怖いから、医者に阻止されないように黙って飲むのをやめよう。安全で効果もバッチリある健康食品で病気は治せばいい。毎日の食事は地元産の自然食材だけを口にしているから安心・安全!」──。その選択、ちっとも安心・安全ではない。エ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません