ラーメンを吹き覚ますときに起こりやすい脳の病気って?

理屈っぽい人は「左脳人間」、直感力が強いと「右脳人間」なんて言説がまことしやかに語られることがありますが、それは日本人ならではの単なる〝流行〟。そもそもの「右脳」「左脳」の役割を知るために、昔はきわどい人体実験に近い研究が行われたこともありました。医療小説の奇才、久坂部センセイが脳の働きに迫ります! さて、ひとくちに〝脳卒中〟とはいうけれど、脳卒中にはさまざまな病気も含まれるようで……。

「右脳・左脳論」の日本的流行

人体実験に近い医療といえば、アメリカの神経心理学者、ロジャー・W・スペリー(1913~1994)の「分離脳研究」も、かなりきわどく見えます。これは左右の大脳半球をつなぐ「脳梁」という神経の束を切断した患者を、被験者にした実験だからです。

脳梁の切断は、重症のてんかんの治療として行われました。てんかん発作は、異常な信号が脳梁を伝って脳内を駆け巡るために起こるので、これを切断する手術法が考案されたのです。

脳梁を切ると、左右の大脳半球の連絡がなくなるので、「分離脳」とよばれる状態になります。分離脳の人は、一見、ふつうに生活していますが、スペリーはそこに重大な特徴が隠れていることに気づきました。分離脳の人は、左側の視野で見たものの名称が言えないのです。

左の視野に入った信号は、脳の右半球に伝えられますが、分離脳の人はその情報を言語中枢のある左半球に伝えられないので、名称が言えません(失語症と同じ状態)。しかし、見えてはいるから、つかむことはできます。この実験を発展させることで、右脳と左脳は、それぞれ別の働きをしていることがわかってきました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

脳腫瘍は茶碗蒸しのぎんなんにそっくり? カラダのトリビアを徹底解剖!

この連載について

初回を読む
カラダはすごい! モーツァルトとレクター博士の医学講座

久坂部 羊

ようこそ、ミステリアスな医療の世界へ――。本講座では、モーツァルト、レクター博士、手塚治虫、ドストエフスキー、芥川龍之介、ゴッホ、デビットボウイなど、文学や映画、芸術を切り口に人体の不思議を紐解いてゆきます。脳ミソを喰われても痛くない...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tomshirai 脳卒中は高齢者の病気と思われがちですが、クモ膜下出血は若い人… https://t.co/g9PmO1Mjd4 25日前 replyretweetfavorite

s_1wk 「血液型で人の性格を分類するのと同様、人間を右脳型・左脳型などに分けるのは、根拠のないお遊びです。」 29日前 replyretweetfavorite