私が社長やります! 出版社の新たなる船出

小さな出版社・社長の一人娘、女子高生の美鈴。父の死という悲しみに暮れる中、突きつけられた「倒産」と「買収提案」という現実。しかし、返品の山で見つけた1冊の本が、美鈴の心に火をつけた--。平凡な女子高生が、青春を賭けて、倒産寸前の出版社立て直しに挑む。「出版業界」のリアルを描き出しながら、必須のビジネス教養も一気に学べる、疾走感満載のビジネス小説、第3回!

たった一人の決意

3階の会議室には、すでに御園と編集長の田之上が座っていた。田之上は、45歳の年齢のわりには若く見える。つやつやの黒髪を三つ編みにしているからだろうか。文学少女がそのまま編集者になったかのような雰囲気だ。

「美鈴ちゃん、よく来てくれたね。営業部長の早瀬くんと編集長の田之上さんには、すでに会社売却の話はしてある。2人とも賛成してくれたよ。美鈴ちゃんの承諾を得てから、社員全員に説明して、話を進めていきたいと思う」と御園は隣の席に座るように促した。

「はい、今日はその返事をするために、お邪魔しました」

そういって、美鈴は背筋をピンと伸ばした。

「今日、ここに来るまでずっと迷っていました。パパと一緒に会社をやってきたミソじいが会社を手放すしかないというなら、きっとそれが現実なんだろうと思いました。でも、本当にそれでいいのかな、という気持ちも正直捨てきれませんでした。だって、パパにとって森下書房は人生そのものだったから。そして、私は本をつくっているパパが大好きだったから。でも今日、森下書房に来て初めてわかりました。私は森下書房を続けてほしい。売却しないでほしいんです」

「えっ……」

御園は驚きの表情を隠しきれない。「そうはいっても、会社はいつ潰れるかわからないし、社長だっていないんだよ。それに……」

必死に説得にかかる御園の言葉を遮るように、美鈴は堂々と宣言した。

「私が社長やります!」

御園をはじめ一同は、あんぐりと口を開けたまま、言葉を発することができなかった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

がけっぷちの出版社を救ったのは、女子高生の勇気と「ファイナンス」だった!

この連載について

初回を読む
女子高生社長、ファイナンスを学ぶ

石野雄一

小さな出版社の社長だった父の突然の訃報。 あとを継ぎ、社長に就任した女子高生の美鈴。 しかし会社は倒産寸前。銀行への返済期限は3ヵ月。 「出版不況」「返品の山」「使えない編集者」。 次々と難題が襲い掛かる。途方に暮れる彼女の前に 現れ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません