妻の陽子と愛猫のチロは、永遠の別れがくるまで、アラーキーのカメラの前に立ち続けた。

写真界の巨匠、荒木経惟ことアラーキー。一枚ずつが非常に美しいアラーキーの写真ですが、その美は、「私(わたくし)」の「愛」を描こうとしているからこそ生じるものでした。
美術、写真、文学、建築などのテーマについて作家活動を続けるアートコンシェルジュの山内宏泰さんが、その「美しさ」を探ります。

 知らず下世話なイメージを抱いてしまっているけれど、荒木経惟ことアラーキーの写真はじつは、いつだって美しい。

 その美は、アラーキーがいつも「私(わたくし)」の「愛」を描こうとしているからこそ生じるものだ。

スマホでの日常撮りはアラーキーが創始者?

 日本の文学の世界には、他国と異なり独自の発展を遂げた「私小説」というジャンルがある。書き手と同一視できる人物を主人公にして、身の回りの出来事や心境を書き綴る。志賀直哉の作品など、国語の教科書で読まされたことがあるんじゃないか。
 その向こうを張って、アラーキーは「私写真」を提唱した。

 1971年刊行の写真集『センチメンタルな旅』前文で早くも、
「私の場合ずーっと私小説になると思います。私小説こそ、もっとも写真に近いと思っているからです。(略)私は日常の単々とすぎさってゆく順序になにかを感じています」
 と書いて、以来ずっと実践をしてきた。

 いま、私的な写真は世に溢れている。デジカメやスマホで私たちが日々撮っている写真、あれはまさに私写真だ。写真表現という分野を見ても、私写真的なるものは、日本では質量ともに最もボリュームのある層を形成している。
 この一大ジャンルをつくり上げたのが、他ならぬアラーキーである。

 カメラという機械を介して撮るから、写真はもともと客観的な表現になりがちで、私っぽさを出すのは難しい。どんな被写体を撮っても画面には表面しか写らず、内面を説明したりはなかなかできない。

 荒木はもちろんそれを承知のうえで、
「人間があるメディアを通したら絶対私情が入る。どうしてもちょっと入っちゃうなら、いっぱいいれた方がいいじゃない」
とする。

 アラーキー流では、作品に私情は滲み出れば出るほどいいのだ。

愛妻と愛猫が名作を生んだ
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
美をさがすのが人生で唯一の目的である

山内宏泰

美術、写真、文学、建築などのテーマについて作家活動を続けるアートコンシェルジュの山内宏泰さん。テーマの根幹にあるのは、「美しさ」でした。美しさとは果たしていかなるものなのでしょうか。毎回、各界でこれぞという人に話を訊きながら、「美しさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

suerene1 明日、Pinakotehk でやっているアラーキーの写真展みにいってくる。楽しみ。 →  https://t.co/ufvDfVPUKP 3年弱前 replyretweetfavorite