ビットコインがコピーや改ざんされる心配はないの?

こんにちは。大塚雄介です。ビットコインって何なの? どんな仕組みになっているの? わたしたちの生活にこれからどう関わってくるの? といったことについて、ムズかしい専門書を読まなくてもわかるよう説明していくこの連載。今回は、ビットコインの安全性について解説します。

ビットコインはデジタル通貨で、電子データにすぎないということは、簡単にコピーできてしまうのではないかと心配になる人がいるかもしれません。

インターネットが普及して、情報は原則タダで、誰でもコピーできるという風潮が広がりました。いままでコピー機で1枚1枚コピーしたり、手入力したりして大変だったものが、コピー&ペーストすれば、コストゼロですぐに手に入るというのは革命的です。

しかし、誰でも簡単にコピーできてしまうというのは、金融システム的にいえばマイナスです。お金をコピーしたり、金額を勝手に書き換えたりできてしまうと、その通貨に対する信用が失われてしまうからです。


P2Pネットワークで分散処理

そこでビットコインでは、すべての取引はオープンになっていて、「AさんからBさんへ1BTC移動した」という記録を、リアルタイムで世界中の誰でも見られるようになっています。

誰でも見られるということは、不正操作や改ざん、コピーをしたとしても、すぐに見つかるということです。参加メンバーがその取引を承認しない限り、実行されないというところが、不正防止の一つめのポイントです。

すでに述べたように、ビットコインは、個々のユーザーが直接データをやりとりする「ピア・ツー・ピア(P2P)」型のネットワークを採用しています。

ネットワークの真ん中のサーバーにデータベースを格納して、そこにみんながアクセスして利用するのではなく、インターネットに接続されたコンピューター同士を直接結んでデータを送受信するP2Pは、ファイル共有ソフトのナップスターやWinny、無料通話アプリのスカイプ、メッセージアプリのLINEなどでおなじみの技術です。

ビットコインの場合は、過去のすべての取引の記録を、どこか一カ所にまとめて保管するのではなく、世界中に散らばった不特定多数のコンピューターが同じ取引記録を保存することで、誰かが勝手に改ざんしたりできないように、相互にチェックして安全性を確保しているわけです。


コピーも改ざんもできないブロックチェーン

さらにいえば、ビットコインは、ブロックチェーンという技術を使って、そもそもコピーができない仕組みになっています。これが不正防止の二つめのポイントです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

本記事は、書籍『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』(ディスカヴァー刊)の内容を一部抜粋、編集して掲載しています。

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

大塚 雄介
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2017-03-24

この連載について

初回を読む
いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

大塚 雄介

cakes読者のみなさん、はじめまして。大塚雄介です。ふだんは、仮想通貨交換取引所「coincheck」や、ビットコイン決済サービス「coincheck payment」を運営しています。ところで、最近ネットなどのニュースでビットコイ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jeienne https://t.co/orvE1w5rMx 2年弱前 replyretweetfavorite

no_choku 大塚雄介さん≫ 2年弱前 replyretweetfavorite