女子が日々、こしらえるもの。
ー妄想男子の叫びー

インスタでお弁当をあげる女子に聞きたいこと。それって、何のため? 本当のところはどうなの? なかなか表に出てこない女子の心理を、演劇作家がひとしきり考えて出した結論とは?

毎朝のように、こしらえたお弁当の写真をインスタグラムなどにあげている女子を、最近よく、頻繁に目にする。

ご飯や御菜をきれいに配置して、そのお弁当の中身のひとつひとつに、炊き込みご飯は「こないだ食べて感動したのを真似てみたー」、煮物は「なんか今日のは固めだったかもー」、お魚の切り身は「旬の季節ではないけれどー」とか、事細かにキャプションされてある。その言葉に、ハッシュタグもついている。

もちろんそのお弁当は本人が食べるものではない、その女子のパートナーの男子がお昼に食べるのであろう、自分じゃない誰かのためにつくったものだ。そのパートナーの男子がその写真に、たまにコメントをする。

「きょうも美味しくいただきました」「こないだはでも、〇〇を残したじゃーん」「あれはでも、時間がなかったんだよー、ごめん……」「はいはい」「いつもありがとう」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

又吉直樹さんも絶賛!「透き通った変態性と切なさが最高」

おんなのこはもりのなか

藤田貴大
マガジンハウス
2017-04-13

この連載について

初回を読む
おんなのこはもりのなか

藤田貴大

演劇界のみならず、さまざまなカルチャーシーンで注目を集める演劇作家・藤田貴大が、“おんなのこ”を追いかけて、悶々とする20代までの日常をお蔵出し!「これ、(書いて)大丈夫なんですか?」という女子がいる一方で、「透きとおった変態性と切な...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mato1216 うーん、考えすぎだと思う。... https://t.co/uUaR2ZWlGL 1年以上前 replyretweetfavorite