お金持ちは、どうやってお金持ちになるのか?

モノをお金でやり取りする“資本主義”から
コトを時間でやり取りする“時間主義”
モノを信用で直接やり取りする“記帳主義”
最後にコトを信用でやり取りする“信用主義”へ —。
今、お金を中心に大きな転換が起こっています。
お金はこれからどうなるのか?
その歴史と仕組み、変化、未来まですっきり解説!
山口揚平の書籍「新しい時代のお金の教科書」を特別公開します。

信用の「箱」を持て

 さて、実際に現実の世界を見渡すとサラリーマン社長はどんなに大企業でも大金持ちにはなれません。不思議だと思いませんか? その理由はどんなに社長として大きな価値を創り出してもその信用の「箱」を持っていないからです。起業家がお金を持っているのは、最初に箱を作った人だからです。「起業するならIPO(新規株式上場)を目指せ」と言われますが、IPOは会社の株が広く譲渡されるような場に「箱」を持っていることです。譲渡売買が行われるマーケットがある。だからIPOするわけです。

 起業家は、まず会社という箱を作り、その箱の中に価値を創り、それらを結びつけて事業を形作っていく。その会社(箱)の株の価値が上がっていくにつれてお金という財と化すというわけです。ただ価値を創るのではなく、株という形で譲渡可能にしておくからこそ、彼らはお金持ちになるわけです。

 繰り返します。お金は譲渡可能な信用です。譲渡可能な形にするためには、仕組みから考えないといけないのです。ここにポイントがあります。お金持ちになるかどうかは、価値を創ったかどうかということではありません。どんなに価値があったとしても役に立たないのは、譲渡可能なシステム、箱を持っていないからです。

 この仕組みがわかると、世界のお金のうちほとんどが起業家・創業者からうまれる、という理由がわかります。

 まとめると20世紀まではお金持ちになるには三つのステップが必要でした。

 1.まず譲渡可能な「箱」を作り、2.その中に「価値」を積み上げてゆく、3.最後にその「箱」を譲渡する、ということでした。この隠された仕組みに気がついていることが大切でした。

 しかし、この仕組みは、きっと21世紀には通用しないでしょう。なぜならお金そのものがまったく別のものに変わってゆくからです。そこにブロックチェーンテクノロジーの時代、つまり「記帳時代」のからくりがあるのです。それはお金を使わず、直接、価値の交換をしてすべてを記帳してゆく時代です。その話は後半でします。

ここで第1回〜第4回の要点をまとめます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新しい時代のお金の教科書

山口揚平

モノをお金でやり取りする“資本主義”から コトを時間でやり取りする“時間主義” モノを信用で直接やり取りする“記帳主義” 最後にコトを信用でやり取りする“信用主義”へ —。 今、お金を中心に大きな転換が起こってい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

azumakanako 「赤ちゃんはどこからくるの?」的な純粋無垢な質問をタイトルに入れているスタイル。これは気になってクリックしちゃうな #タイトル職人 3年弱前 replyretweetfavorite