科学が教える、子育て成功への道

もう知識をたくさんもっていても大した意味はない……コンテンツ

「私に話すなら私は忘れる。私に教えるなら私は覚える。私に関わらせるなら私は学ぶ」(ベンジャミン・フランクリン〔政治家・学者・実業家〕)
これからの世の中を生き抜いてゆく子供達にとって必要な資質・能力を、テストの点数で判断などできない。

テストのために宣誓!? 知識コンテンツの詰め込み

二〇〇五年初頭、フロリダ州知事のジェフ・ブッシュはまだ幼稚園に入る前の四歳児全てを無償で教育することを認める法律に署名した。この動きは早期教育に対する国家の方針が変わりつつあった時に、その流れを決定づけた。数か月後、私達はフロリダで開かれた早期教育に関するカンファレンスに招待され、講演した。そこに集まった日焼けした教師や政策立案者達は、読書する時の大脳の働きに関する最新の知見や語彙を増やす画期的な方法について熱心に耳を傾け、ここで学んだことを新しく作られる教室ですぐに使おうと目論んでいた。

講演後の質問タイムに三年生を受け持っている若い先生が「『FCATの宣誓』を聞いたことがありますか?」と聞いてきた。彼女は立ち上がり、右手を胸の上に当てて、毎日彼女のクラスの三年生が暗誦している言葉を唱え始めた。FCATとはフロリダ理解力評価テスト(Florida Comprehensive Assessment Test)の頭文字で、毎春三年生になった子供達が受ける学力テストのことだった。

私はベストを尽くします。

私は集中します。

私はよく寝て、朝ごはんをしっかり食べます。

私は諦めません。

私は時間をかけてじっくり勉強します。

私達は強いショックを受けた。この場は学びを愛する心を育てることを目標に、プレイフルで刺激的な方法を学び合うためのものと思っていたからだ。しかし実際の教育現場では、三年生は毎日州の学力テストのことを考えて宣誓を暗誦しているのだ。最早この誓いは「アメリカ合衆国への忠誠の誓い(Pledge of Allegiance)」に取って代わるものになりつつあったのだ。これからの世の中を生き抜いてゆく子供達にとって必要な資質・能力をテストの点数で判断などできないのに……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
科学が教える、子育て成功への道

ロバータ・ミシュニック・ゴリンコフ /キャシー・ハーシュ=パセック

私たちは勉強ができれば「成功」、お金があれば「幸せ」と決めつけたり、反対に、頭の悪いから「成功」は無理、安楽に生きられれば「幸せ」と思い込んだりしていないでしょうか? しかしそれは、きわめて一面的な「成功」と「幸せ」の定義です。もっと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

a_tocci ローマ帝国時代の歴史家プルタルコスは「教育とはバケツをいっぱいにすることではない。火をつけることだ」と言った。しかし未だに私達は必死になってバケツを満杯にしようとしている。 https://t.co/bT6DV7BGuG 3年弱前 replyretweetfavorite

nakamura990417 "しかし私達は事実を教えるレベルに留まっていてはいけない。必要に応じて臨機応変に学ぶことができ、既に知っていることを組み合わせて新たな知識を生み出し、創造的に考える方法を教える能力が求められている。" https://t.co/EkMcIeokO8 #NewsPicks 3年弱前 replyretweetfavorite