ケイクス通信

ケイクス通信 2013年4月30日(火)号

三連休明け! みなさんご機嫌いかがでしょうか? 今日もお休みしてGWを満喫という方、この合間に仕事をばりばり片付けるという方、いろいろいると思いますが、cakesは今日も更新! どうぞよろしくお願いします。

●特別連載

cakes編集部「Lifeが支えるメディアの未来
文化系トークラジオLife長谷川裕プロデューサーインタビュー」
【前編】一度死んだ番組だからできること

日曜深夜という時間帯でありながら、根強い人気を持つラジオ番組『文化系トークラジオLife』。鈴木謙介さんを始めとする個性豊かなパーソナリティたちとともに、番組を支える“黒幕”長谷川裕プロデューサーにインタビュー。「Lifeは一度死んだラジオ」と語る言葉の裏には、独自の存在感を放つLifeの存在意義への自負がありました。

●連載

藤野英人「イケてる経営者が日本を救う」
山田純(クアルコム日本法人)vol.3 ハローワーク通いから、外資系企業の社長に。
アメリカのベンチャー企業の日本法人として立ち上げた会社がつぶれ、40歳で路頭に迷った山田純さん。まずはハローワークで就職活動をします。一瞬「英語の先生」という可能性も開けたけれど、通信事業の世界的企業クアルコムに入社することに。しかし、当時のクアルコムは通信業界で評判が悪く、山田さんはある奇策を講じます。

近藤正高「一故人」
三國連太郎、ロバート・エドワーズ—2013年4月の物故者たち

体外受精技術の確立によってノーベル賞を受賞し、不妊治療に大きな足跡を残したロバート・エドワーズ。戦後のスクリーンを強烈な存在感で賑わせた名優・三國連太郎。2013年4月に亡くなったこの2人をライターの近藤正高さんが論じます。

finalvent「新しい「古典」を読む」
【第23回】村上春樹の読み方『1973年のピンボール』前編
村上春樹の小説をfinalventさんが初期作から読み返す試み。2作品目は『1973年のピンボール』(講談社文庫)。『風の歌を聴け』評前編で指摘されたように、今作も英米圏では翻訳されず、国内においても少し地味な立ち位置にあります。しかしながら、今作もまた、現在の村上春樹を考える上で、重要な作品であることをfinalventさんが解き明かします。

May_Roma「世界のどこでも生きられる」
日本人はどこに移民するべきか?【第7回】日本の「パシポート」があるあなたはラッキー

日本のパスポートは世界で最も信用の高い物の一つ、そう評されることもあるそうです。そんなありがたいパスポートを手にしている私たちが、国際化する現代で起こすべきアクションについて、May_Romaさんが提言してくれました。

橘玲「カモにならずに自分のお金を増やす方法」
第8回 外貨預金と為替の話
1年定期で13%という高金利が付くベトナムドン。金利0・1%の日本円。外貨預金の金利は、通貨によって大きな差が出ることがあります。しかし、「だったら、金利が高い通貨に預金をしておけばいい!!」というほど、金融市場は単純ではないようです。得のように見えるものが、得にならない—。金融市場の不思議のお話です。

松井博「IT時代の未来~それはユートピアかディストピアか?」
そしてみんな「ノマド」になる【第2回】

ノマドとサラリーマン。対比して語られる2つのうち、一体どちらがより望ましい就労形態なのでしょうか。答えは一筋縄ではいきません。どちらも一長一短。アップルでシニアマネージャーまで勤め上げた松井さんは、しかしノマドのほうが性分にあっていると語ります。その理由とは?

平野啓一郎「空白を満たしなさい」
第二章 人殺しの影 5 開封された死(前編)
自らの遺品が収められた段ボール箱を開封していく徹生。その中には仕事で使っていたパソコンがあった。電源を入れメール画面を開くと、時間が経つごとに次第に減っていくメールの様子が見て取れた。そのことを通して、徹生は人の死について考える。平野啓一郎さんの小説『空白を満たしなさい』が、3章までの限定公開です。

横山光昭「年収200万円からの<貯金>生活&<投資>生活宣言!」
第5回:「ショー・ロー・トー(消費・浪費・投資)」の理想比率、教えます

前回ご紹介した、支出を「ショー・ロー・トー(消費・浪費・投資)に分ける考え方」。では、実際の収入を、どの割合で分ければお金が貯まるのでしょうか? 浪費がやたら多い方、消費を減らしたい方、必読です。お金をコントロールして自由な人生を手に入れるコツを学びましょう。

青山裕企meets美少女図鑑「彼女写真 in 沖縄」
沖縄編【第30回】さよなら
珊瑚を見つめながら、何か言いたげな彼女。今日一番近い距離で、彼女の笑顔をながめます。顔に触れようか、どうしようか……。考えているうちに、「さよなら」と彼女は行ってしまいました。海が夕陽に沈むまで、あと少し。

●ショートショートケイクス

みなさん、GWいかがお過ごしでしょうか、編集Rです。
土曜日に「ミュージカル テニスの王子様」を観てきたせいか、お肌の調子がいい気がします。

Twitterでもお知らせしましたが、本日から、弊社は新オフィスに移転!

写真にうつっているのはオフィスの一部で、本当は広いです〜!(・ω・)
これから机を再設置したり、仕切りをつくって部屋を分けたり、もっともっと快適なオフィスになる予定です。とても楽しみ!!

すでにお祝いまでいただいてしまっております。下の写真は、オープン前にお手伝いいただいていた、サンマーク出版の池田るり子さんから。池田さん、ありがとうございます!! スタッフで美味しくいただきます!!!

オフィスが広くなっただけでなく、cakesのサービスもどんどん進化していく所存です。
今後ともどうぞよろしくお願いします!!

とりあえずトイレットペーパー買いに行かなきゃ……(;´Д`)

(火曜日担当・編集R)

 

 

ケイクス

この連載について

初回を読む
ケイクス通信

cakes編集部

ペットボトル1本分の値段で、1週間コンテンツを楽しめるプラットフォーム・cakes(ケイクス)。購読をしようか迷っている方や、購読を始めたけど何を読んでいいか迷っている方のために、cakesの最新コンテンツをご紹介していく無料連載です...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

junkey 新オフィスに移転! 会社っぽくなってきたー! https://t.co/61zj8ZGyIj 5年弱前 replyretweetfavorite