聞く耳を持たせるにはコツがあります

どう叱ればいいんでしょうか? ほめて育てたほうがいいんでしょうか? ジョビィキッズにもほめ方・叱り方についての相談がたくさん寄せられます。でも、叱ること、ほめることの目的を考えると、どうすればがわかってきます。ここで紹介することは、家庭ですぐに実践できる一つのヒントです。
ーーNo.1子役タレント事務所・ジョビィキッズの子育てメソッドが詰まった『わが子のやる気の育て方』を、cakesで特別連載!

ほめ方・叱り方には、大人が子供とどう向き合っているかがはっきり表れる気がします。

ジョビィキッズでは、うわっつらのほめ言葉を言うのは絶対にNG。 子供は動物的な勘が鋭いので、それが心からの言葉かどうかをすぐに見抜き、かえって子供のやる気に水を差します。

私たちは、ほめるときも叱るときも、真剣です。その子のことを知り、本当に一生懸命やっているかどうかを見極めて、いま言うべきことを、より伝わる言い方で届けたいと考えています。

例えば、「間違ってるよ」「どうして今日はできないの?」などと、最初から否定するような言い方はしません。まずはその子がこちらを向く必要があるからです。

まず最初は、その子を見て良いところを認めます。 すると、子供の〝聞く耳〞が開くんです。その耳に向かって、本題である、「〇〇〇〇したほうがもっと良くなる」など、注意すること、アドバイスすることなどを話すのです。すると、「うん」と本当に素直な心で応えてくれます。子供は耳が開いているので、注意やアドバイスがすっと耳に入ってくるのでしょう。

けれど、日頃から何もほめられず、「ここだめ、あれもだめ」と言われ続けていると、子供の〝聞く耳〞はなかなか開きません。「どうせ、何言ったって叱るんでしょ?」「自分にはいいところがないのかな?」と思ってしまう。それでは、いいコミュニケーションがとれませんし、子供が自信をなくしてしまいます。

そうならないためにも、普段から子供のいいところを見つけて口に出してみましょ う。ちょっといいところを見つけたら、ほめる。ほめられると、親が自分を認めてくれているという安心感が出るせいか、いけないところを叱ったときも、子供たちは素直に聞くものです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

子供たちの"がんばり"には、ちゃんと理由がある!

わが子のやる気の育て方

ジョビィキッズ
マガジンハウス
2017-09-29

この連載について

初回を読む
わが子のやる気の育て方

ジョビィキッズ

芦田愛菜ちゃん、鈴木梨央ちゃん、寺田心くんたちが所属! 過去2万人以上の子供たちに接し、所属する子供たちのサポートに徹してきた子役タレント事務所・ジョビィキッズが、子育て中のパパ・ママを応援するために、やる気、自信、素直な心、折れない...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ikb ひとつの自由を与え、ひとつ不自由を課す。 なるほど。 大人(じぶん)にでも使えそうだ。 3年弱前 replyretweetfavorite

booksmagazine 芦田愛菜ちゃん、鈴木梨央ちゃん、寺田心くんなど人気子役タレントが所属するジョビィキッズの子育て応援エッセイがcakesで好評連載中!子育てに悩むパパ・ママの心強い味方に!! https://t.co/EbCsxF2kZd… https://t.co/kU97v6h1Mf 3年弱前 replyretweetfavorite