食べたいものを食べ、寝たいときに寝る 気ままなダラダラ暮らし

63歳でシニアチアダンスチーム「ジャパンポンポン」を立ち上げ、85歳の現在も現役でチアダンスを楽しむ滝野さん。「健康食品は大嫌い」、「医者へはほとんど行きません」、「お肉大好き、コカコーラ大好き」、「一人暮らしサイコー!」と、世のお年寄りのイメージとは、ちょっと違うマインドをお持ちです。たくさんの習い事をし、毎日を忙しそうに笑ってすごす滝野さんに、生活を楽しむコツを聞きました。


ダラダラ生活もラクじゃない

 今はチアの練習が週に1回。ウクレレとエレキギターの練習が隔週であって、友だちとの麻雀、参加しているNPOのミーティングがそれぞれ月1回。  
そのほかに人と会ったりする用事もあって、なんだかんだ忙しい毎日を過ごしています。

 だから、なんの予定もなく家にいる一日は、徒歩1分のスーパーに出ることすらしたくありません。
 毎朝、大体5時半くらいには目が覚めるのですが、ベッドの中で「ごはん食べようかな~」「どうしようかな~」って思いながら、ダラダラダラダラ。
 8時前になってようやく、朝のNHKの連続テレビ小説を見るために、むくりと起きだします。  

 朝ごはんを食べる気分になったら、パンを1枚焼いてオープンサンドにして、ダラダラダラダラ。お昼ごはんを食べて、またダラダラダラダラ。そして、あっという間にお夕飯。  
 そのダラダラダラダラの時間は、テレビをかけっぱなしにして、パソコンでゲームをし、気が向いたら音楽をかけて踊ってみたり、エレキギターをジャーン!と鳴らしてみたり。
 ただ、本を読み出すとすべてを忘れて没頭しちゃうので、気づけば深夜なんてこともあります。

 食べたいときに食べたいものを食べるのと同じように、やりたいときにやりたいことをし、寝たいときに寝るのが私の基本です。

 そうして、本当に何もしない一日もあったりして、そんな日が終わるときは自己嫌悪に襲われたりもします。

「あー。またしても何もしなかった」  
 非生産的に時間を過ごしたことに罪悪感があって、ウジウジと気に病むわけです。  
 だから、ジャパンポンポンの名簿をまとめたり、関わっているNPOの機関誌を作ったり、「やるべき何か」があるとうれしかったりもします。
 熱中しすぎて一晩で仕上げ、「もうできたの!?」と驚かれることもあります。

 根っからの貧乏性なのか?   
 人間には何かやるべきことが必要なのか?  

 何もしたくなくてダラダラしているのに、それで自己嫌悪に陥っているわけですから、我ながらややこしいことです。

人様のためじゃなくて、オシャレは自分のため

「滝野さん、そんな洋服、どこで見つけてくるの?」  
 褒められているのか、けなされているのか、私の選ぶ洋服はどうやら、派手というか奇抜というか、少なくとも、年相応ではないようです。

 娘時代からおしゃれは大好き。紳士物のスーツの生地を1着分買ってワンピースに仕立てたり、着物のショールをマフラーと帽子にアレンジしたり。 お給料はお洋服やアクセサリーにつぎ込んできました。
 人から何を言われても構わないので、今でも好きなものを選んで着ています。  
 それが、人から見ると「よく着るね~そんなもの」と言われる代物らしいのですが、お化粧がだんだん厚化粧になるみたいに、派手なものって、だんだん慣れていくというか、麻痺するようです。

 チアの仲間の中に、ご主人がお洋服をコーディネイトされる方がいるのですが、なぜか「滝野さんより派手なもの」がテーマで、いつも、「あー、負けた!」と残念がっています。
 私のほうが派手さでは一枚も二枚もうわてみたい。

 また、「滝野さんも着ているから大丈夫」と言って、赤いパンツを穿くようになった方もいます。
 私の周りにはちょっとカラー音痴になる人がいるようなのですが、でも、とてもいいことだと思うんです。  
 若い人は地味でもいい。
 私も若い時分は紺と黒が大好きでした。でも、年をとったら、多少、キレイな色のものを着たほうがいいんです。
 地味でくすんだものを着ると、それと一緒になって年をとっちゃいますから。  

 私のオススメは赤。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
85歳のチアリーダー

滝野文恵

「何歳からでも人生は楽しくできるのよ!」 滝野文恵さんがシニアダンスチーム「ジャパンポンポン」を立ち上げたのは63歳のとき。85歳になる現在も現役で、華麗にステップを踏み、ターンを決める。「良妻賢母」の枠にとらわれて苦しんだ時期を乗...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません