からだポカポカ、白菜の塩しょうがスープ

塩だけの味付けなのに、優しい白菜の風味がじんわりおいしく、身体があったまります。たっぷりはいったしょうががポイントの、寒い季節にぴったりのスープをお楽しみください。
スープ作家の有賀薫さんによる、旬の野菜をたっぷり食べるベーシック・スープのレッスンです。

寒さ知らずのスープで、年末の体調をととのえる

淡白な白菜に塩だけというシンプルな味つけなのに、食べ飽きず、むしろいつまでも後を引くのは、しょうがで味にメリハリがついているから。

白菜のやさしさ、しょうがの辛みと香り、ひき肉のうまみをお互いがが引き立て合ったスープです。
スープを口にするうちに、体があたたまってくるのがわかります。思い切りよく入れた、しょうが効果です。

白菜は切って鍋に入れたら一切さわりません。軽く蒸し煮して、上から水どきのひき肉をかけ、そのまま煮上げるだけ。鍋一つでとても簡単にできるのも魅力です。さあ、それでは作ってみましょう。


白菜の塩しょうがスープ

材料(2人分) 所要時間約15分

白菜1/4株 (約500g)
しょうが大1片(約50~60g)
鶏ももひき肉 100g
塩 小さじ1
サラダオイル 大さじ2
水 約6~700mL

作り方
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

スープ・レッスンが本になりました! 好評発売中です!

スープ・レッスン

有賀 薫
プレジデント社
2018-09-27

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

鍋ひとつ皿一枚で作って食べられる、簡単で失敗しにくく作り置きがきく、朝や夜遅くに食べても体に負担がかかりにくい……作る、食べる、両面において楽なスープは、忙しくて充実した食事がとれないと悩む人にぴったりの料理です。旬の野菜をたっぷり食...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shimakumainsatu 寒い夜です 身体にいい汁物で温活しましょう https://t.co/0F8Use9965 9日前 replyretweetfavorite

sabochin https://t.co/Ll5dGKjgj1 cakes登録してる人ならこっちの方が詳しい 27日前 replyretweetfavorite

maichint おいしいー!有賀さんのレシピは調味料が塩だけとか、めちゃシンプルなのにおいしくていつも衝撃を受ける。 29日前 replyretweetfavorite

tear_dream 有賀薫 @kaorun6 3ヶ月前 replyretweetfavorite