高収入男性を狙う婚活は、宝くじより確率の低いギャンブル。

女と男が、共に幸せに生きるには? 話題沸騰の本書が、期間限定でKindle無料キャンペーン中!(1/9まで)。この機会をぜひお見逃しなく! cakes 特別連載は、まだまだ序盤です。今回は婚活について。お金のことを気にせず生活できる世帯年収を、ひとりで稼げる男性は、ものすごく少ないでしょう。でも「共働きモデル」だったら、不可能ではありません。これは、1+1=2のような単純な話なのです。

年末年始の必読書

『専業主婦は2億円損をする』(マガジンハウス)

婚活よりはるかに確実な方法

 前回、幸福度マックスは年収800万円、という話をしました。子どものいる家庭なら世帯年収1500万円ほどになります。

 専業主婦で夫しかはたらいていないのなら、30代男性サラリーマンの平均年収が500万円程度なのですから、これがものすごくむずかしいということはすぐにわかります。お金のことを気にしなくてもいい生活をさせてくれる高収入の男は、ほんのすこししかいないのです。

 それがわかっているからこそ、専業主婦志向の女子は婚活に必死になります。お金持ちの夫を手に入れるのは、いまや宝くじに当たるようなものなのです。

 というか、これは宝くじよりずっと確率の低いギャンブルです。

 高収入の男性はいくらでも若くてかわいい(専業主婦願望の)女の子がやってくるのですから、そもそも一人の女性と結婚する必要などありません。そのことがだんだんわかってきたので、いまや婚活は「当たりくじのない宝くじ」のようなものになってしまいました。

 だとしたら、世帯年収1500万円を実現するためにはどうすればいいのでしょうか。じつは、ものすごくかんたんな方法があります。年収800万円の男女がカップルになって、共働きすればいいのです。

 ここで、「そんなことができればだれも苦労しない!」という声が聞こえてきそうですが、それはおいおい説明するとして、ここでは次のことを覚えておいてください。

「お金と幸福の法則」から幸福な家庭をつくろうとすると、夫が一人で1500万円稼ぐ「専業主婦モデル」よりも、夫婦がちからを合わせて世帯収入1500万円を目指す「共働きモデル」のほうが、ずっと成功確率が高い。

 なぜなら、年収1500万円のひとより、年収800万円のひとのほうがずっと多いのですから。これは、1+1=2のような単純な話なのです。

自分のもつ「人的資本」=はたらく力を使う

 ここで、もうひとつ大事な話をしましょう。それは「人的資本」です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

新しい年から新しい生き方を!

この連載について

初回を読む
専業主婦は2億円損をする

橘玲

マスコミから取材殺到、大反響! 新しい働き方と生き方を提案する、話題の書から特別連載。「仕事疲れた、専業主婦になりたい」。そう思っているあなた、ちょっと待って。会社は辞めても、仕事をやめてはいけません。妻が専業主婦というあなた、このま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

KasukabeBoss 賢人曰く なんかバカみてえな考え方だな。俺から言わせれば時代遅れ 3年弱前 replyretweetfavorite

goro_sg たしかに 3年弱前 replyretweetfavorite

ak_tch 「 『専業主婦は2億円損をする』についての、cakesさんのインタビューの第2回です。 3年弱前 replyretweetfavorite