仕事も結婚も、「イヤなことを断れる」のが幸せの条件。

幸福とは、好きなように生きること。もっと言うと、「イヤなことを断れること」。やりたくない仕事を上司に命じられて、「イヤならクビだよ」と言われたときに、「わかりました、辞めます」と即答できますか? 依存する人生は、楽しくない。結婚だって、同じです。話題の『専業主婦は2億円損をする』より、特別連載。

話題沸騰、あなたはどう読む?

『専業主婦は2億円損をする』

いまの日本に生まれただけで、実は幸福

 あなたはもちろん、幸福な人生を送りたいと願っているでしょう。

 でも、「幸福」とはなんでしょう。ひとそれぞれいろんな意見があると思いますが、この本では次のように考えます。

1  好きなひとと愛し合い、そのひとと家庭をつくる
2  独身なら、好きな家族や友だちに囲まれて暮らす
3  好きな仕事をして、みんなから感謝されたり、ほめられたりする
4  好きな洋服を着て、好きなものを食べ、人生を楽しむ

 この4つの「幸福な人生」に共通するものはなんでしょう。そう、「好き」という言葉です。

 幸福とは、あなたが好きなように生きることです。これを「自己決定権」といいますが、ようするに「自由な生き方」のことです。

 自己決定権のない社会では、好きなひとと愛し合うことはできず、親が決めた相手と結婚して、子どもをたくさん産んで育てるのが「女のただしい生き方」です。好きな仕事を選ぶことはもちろん、はたらくことさえ許されない社会もあります。当然、そんな社会では好きな洋服を着ることも、好きなものを食べることも、フェスやライブに行くことも、クラブで踊ることもできません。

 日本は「自由な社会」ですから、だれでも「自分の人生を自分で決める」ことができます。当たり前だと思うでしょうが、世界を広く見渡せば、そんなことができる女性は少数だとわかります。

 もちろん日本の社会にもたくさんの問題があります。でも、アジアやアフリカ、中東の国を旅してみればすぐにわかるように、「いまの日本に生まれた」というだけで、わたしたちはとてつもなく幸運なのです。

イヤなことを断れる自由

「幸福とは好きなように生きること」という話を、もうちょっと考えてみましょう。

 だれもが知っているように、そんな生き方ができるひとはごくわずかしかいません。その理由は、みんなが好き勝手にやっていては社会が大混乱するからです。わがままな人間はまっさきにハブられ(排除され)、だれからも相手にされなくなってしまいます。

 こうしてみんなが空気を読むようになるのですが、しかしそれでも、「ここだけはゆずれない」という場面があります。恋愛でも、友だちでも、仕事や趣味でも、だれでも思い当たるんじゃないでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

あなたの人生設計、間違ってない?

この連載について

初回を読む
専業主婦は2億円損をする

橘玲

マスコミから取材殺到、大反響! 新しい働き方と生き方を提案する、話題の書から特別連載。「仕事疲れた、専業主婦になりたい」。そう思っているあなた、ちょっと待って。会社は辞めても、仕事をやめてはいけません。妻が専業主婦というあなた、このま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sangoame  『幸福とは、あなたが好きなように生きることです。これを「自己決定権」といい… https://t.co/ogV5hovmaZ 3年弱前 replyretweetfavorite

sotokoba >>日本はどうか知りませんが、世界のひとたちは、ほんとうの愛情や信頼は対等な関係からしか生まれないと考えているのです。 https://t.co/eRoWrsuHpH 3年弱前 replyretweetfavorite

kame_ishi 「イヤなことを断れるのが幸せの条件」…やっぱ独立開業が幸福への道だろうか。お金持ちにはなれないだろうけど、事務所から受任義務が課されている弁護士業ってホント辛い。 https://t.co/Y24bWoGdnt 3年弱前 replyretweetfavorite

rngsnow 「依存する人生は楽しくない」いやほんと → 3年弱前 replyretweetfavorite