このままいくと、病気になっちゃうよ

【第23回】
ものに触ると、持ち主の思いを読み取ることができる彩子。
でも潔癖症のため、素手でものに触れない。
あの日の出来事がきっかけで……。
小説すばる新人賞作家・行成薫が描く、先読み不能の「超能力」エンターテインメント!

 話がある、という菜々美に連れられて、彩子は誰もいない教室に戻ってきた。もろもろの片づけを終えると、もうすっかり日が傾いていて、校舎に残っている生徒はほとんどいなかった。

「話って、なに?」

 自席についた彩子の前に、菜々美は何冊もの本を積み上げた。図書室のラベルが貼ってあるものもあれば、書店で購入したであろう、新品もある。いずれにしても、どこの誰が触ったかわからない本たちだ。彩子は、悲鳴を上げて椅子ごと後ずさりをした。

「それさ、本くらいでそんなになるのって、異常じゃん?」

「だって、誰が触ったかわかんない本だよ? 汚いじゃん!」

 彩子は、涙目になりながら、本をどかすよう菜々美に向かってわめき散らした。机が空いたとみるや、カバンから取り出したアルコールスプレーをヒステリックに吹き掛ける。菜々美はじっとりとした表情で、机をピカピカに磨き上げる彩子を見ていた。

「大げさなんだよ、アヤはさあ」

「だって、考えてみなよ。もしかしたら、お風呂にも入らないような人がさ、トイレに入って、手も洗わずに出てきて、そのまま本を読んだりしてるかもしれないんだよ?」

 うわ、それはキモい、と、菜々美は顔をしかめた。

「いやでもさ、やっぱり普通じゃないよ、アヤのは」

「私からすれば、みんなが普通じゃないんだよ。無頓着すぎて、気持ち悪いくらい」

「言うと思った。そういうのってさ、ええと、なんだっけ」

 菜々美は、一冊の本を摑みあげると、ペラペラとページをめくりだした。本にはたくさんの黄色い付箋がついている。菜々美はどうやら、昨日の部活後、彩子の潔癖症について調べていたらしい。

「強迫性障害!」

 菜々美が、彩子に向かって、なぜか誇らしげに本を開き、目の前に突き出した。障害、と厳(いか)めしい漢字が並ぶと、なんだかおそろしい病気に罹(かか)ったように思える。彩子は、別に病気じゃないし、と反論した。

「このままいくと、本格的に病気になっちゃうよ」

「そんなことないよ」

「じゃあさ、手を洗うのやめられるわけ?」

 彩子は消え入りそうな声で、なんでやめなきゃいけないの、と呟いた。

「普通にさ、触れるようになろうよ、いろんなものを」

「どうして?」

「もったいないじゃん」

「なにが?」

「超能力にきまってんじゃん、超能力!」

「別に、もったいなくないよ」

「なんで? 触っただけで、人の思いがわかったりするわけでしょ? すごいことじゃん、それって」

 サイコメトリーのことを、菜々美に話したのは失敗だった、と彩子は思っていた。いつものように、二人で用具整理をしていた時のことだ。菜々美は、同じクラスの女子とケンカをした直後で、人の気持ちが知りたい、と落ち込んでいた。話の流れで、彩子は「ものに触ると、映像が見える」というようなことを話してしまったのだ。

 何バカ言ってんの、と笑われるかと思っていたが、菜々美は思いのほかがっしりと食いついてきた。学校の勉強はからっきしだが、菜々美はオカルトやら超常現象に関しては、異様に知識が豊富だった。彩子の能力が「サイコメトリー」というものだと教えてくれたのは、菜々美だ。

「アタシなんかさ、小っちゃい頃からずっと、そういう特別な力が自分にあったらいいのにって思ってた」

「そう、なんだ」

「人を助けたり、奇跡を起こしたりする力かもしれないんだよ、それ。使わないなんて、もったいないってば、絶対」

「でも、どうしたらいいか、わからないんだよね」

 菜々美は、また手元の本をめくり、かしこまった顔で彩子を見た。

「ねえ、いつから?」

「いつ?」

「手を洗い出すようになったの」

 いつからだろう。彩子は、自分の小さな手を、きゅっと握りしめた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ある日とつぜん「役に立たない超能力」に目覚めてしまった5人。予測不可能の傑作エンタメ!

この連載について

初回を読む
僕らだって扉くらい開けられる

行成薫

もしも突然、「超能力」に目覚めたら・・・? 誰もが一度は抱いたことがあるそんな妄想が、ある日とつぜん現実になってしまった五人。さえない人生が一変!と思いきや、どれもこれも「制約」つきで、不都合満載、トラブル多発・・・こんな能力、いった...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません