専業主婦はカッコ悪い!? 日本でもすでに起きてる大変化。

外国で「ハウスワイフです」と自己紹介したら、その場の空気が凍りつきます。からだが悪いわけでもないのに、何もしていない人を目の前にして、みんな、どうリアクションしたらいいのか、わからなくなってしまうのです。アメリカでも、1970年代くらいまでは、夫が働き妻が家を守る、というスタイルは確かにありました。でも、もはや国際基準では、専業主婦は、ニートと見なされてしまうのです!

もはや日本にしかいない専業主婦

 はたらかずにぶらぶらしている若者のことを、「ニート」と呼びます。最初にイギリスで使われ、日本でも2000年代のはじめに広く知られるようになりました。

 欧米や日本など先進国の国際機関OECD(経済協力開発機構)がニートについての報告書を出しています(2017年5月)。それによると、15歳から29歳の若者のうち、日本には170万人(10・1%)ものニートがいます。びっくりするような数字ですが、とはいえ、OECDの平均は14・7%ですから日本の若者はまだまだ恵まれています。若者の失業というのは、どの国でも大問題なのです。

 日本の若者の10人に1人がニートという数字が報じられると、困惑が広がりました。これまでの政府の発表とあまりにもかけ離れていたからです。

 内閣府の調査では、15歳から29歳の「若年無業者」は36万人(2014年)で、OECDの数字の2割にしかなりません。人口比では約1・4%で70人に1人くらいです。なぜこれほど大きなちがいがあるのでしょうか。

 それは、日本のニート(若年無業者)の定義が、「非労働力人口のうち家事も通学もしていない男女」だからです。それに対してOECDの基準では、高校や大学に通っていたり、仕事のための訓練を受けている若者はニートから除外されますが、「家事」については考慮されていません。

 グローバル・スタンダード(世界基準)では、「家事手伝い」はもちろん、「専業主婦」もニートだったのです

自己紹介で「ハウスワイフ」はヤバい

 なぜこんなことになるのでしょうか。各国別の女性の就業率(労働力率)を見るとその理由がわかります。

 たとえば、北欧のスウェーデンでは25歳から60歳まで、ほぼ9割の女性がはたらいています。他の先進国も同じで、ヨーロッパでは8割以上の女性がはたらきつづけています。

 ところが先進国のなかで、日本の女性だけははたらき方がちがっています。25歳までは他の国と同様、8割の女性が仕事をするのですが、そこから30代にかけて就業率が7割程度まで落ち込み、40代からまた上昇をはじめるのです。

 これは「M字カーブ」と呼ばれていて、日本の女性が出産や育児を機に専業主婦になり、子どもに手がかからなくなってパートなどではたらきに出ることを示しています。当たり前だと思うかもしれませんが、こんな状況は先進国ではいまでは日本だけにしか見られません。欧米の女性たちは、子どもが小さいときもはたらきつづけているのです。

 このようにして先進国では、「専業主婦」は絶滅危惧種になりました。欧米で暮らしていると、日常生活で「ハウスワイフ」と出会うことなどないのです。

 このことは、日本人の夫が妻といっしょに海外旅行に行くとき、ちょっとした問題になります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

話題沸騰。男も女も納得の生き方指南!

この連載について

初回を読む
専業主婦は2億円損をする

橘玲

マスコミから取材殺到、大反響! 新しい働き方と生き方を提案する、話題の書から特別連載。「仕事疲れた、専業主婦になりたい」。そう思っているあなた、ちょっと待って。会社は辞めても、仕事をやめてはいけません。妻が専業主婦というあなた、このま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

OOHORI_bicycle もはや日本にしかいない専業主婦 自己紹介で「ハウスワイフ」はヤバい 3年弱前 replyretweetfavorite

kan_tamao いやはや、余計なお世話ですね 3年弱前 replyretweetfavorite

HRognet #専業主婦 3年弱前 replyretweetfavorite

tsuukinkaisoku #スマートニュース 3年弱前 replyretweetfavorite