不況になると坂口安吾が流行るらしい。あなたはどうか「堕ち」ないで

京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う名著を選んでみた。30作目は、坂口安吾の『堕落論』。たぶん、あなたが今読んだらだめなやつ…生きて、戦って、堕ちて、初めて安吾は「生きた」って許してくれる。【3刷出来!】『人生を狂わす名著50』より特別連載。作家、有川浩も推薦! →公開は毎週木・金です。

「まともさ」や「綺麗事」に違和感を覚えるあなたへ

『堕落論』坂口安吾
(新潮社)初出1947

高潔 VS 堕落

不況になると「坂口安吾」が流行るらしい。すぐに「堕ちて」しまう人間の性を、じゃあどうするかって本です。#戦後の代表作家による評論集 #無頼派 #坂口安吾の思想を知るならこの一冊 #小説家が見る日本文化・日本人の思想を知る #一つひとつの評論がかなり短いので、合間の読書にもおすすめ #パンチのあるものを読みたいときに!


 世の中には、どうしたって文章がきらきらしてしまう人がいる。
 たとえば小林秀雄、たとえば三島由紀夫。文章が華麗で美しくて、きらきらしすぎて、星が瞬くみたいにチカチカする文章を書く人がいる。
 正直中身が頭に入ってこないくらい。
 逆に、どうしたって文章が日本刀みたいに鋭くて、カッコよくしかいられない人がいる。
 厳しくて睨みがきいていて端正で、どんなに崩して汗をかきっぱなしでも、絵になってしまうむかしの映画俳優みたいな文章。
 私にとってその最たる書き手は、坂口安吾だ。

『堕落論』を初めて読んだのは大学受験を控えた秋だった。
 本当に、受験勉強用に固めた脳みそが溶けそうになって焦ったことを覚えている。
 やばい、これ今読んだらだめなやつだ。

《人生を狂わせるこの一言》

堕落ということの驚くべき平凡さや平凡な当然さに比べると、あのすさまじい偉大な破壊の愛情や運命に従順な人間達の美しさも、泡沫のような虚しい幻影にすぎないという気持がする。

 一読してすぐさま図書室に戻したけれど、どうしてももう一度読みたくなって、もう一度だけ借り直したことを覚えている。

平成生まれの能天気な平和ボケ人間からすると、ちょっと息を呑んでしまう本

「堕落論」が発表されたのは、1946年の4月。戦後の荒地において、坂口安吾は戦前と戦後を比較しつつ、言う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

重版3刷決定!知らない本が知れる。知っている本は、もっとおもしろくなるブックガイドです。

この連載について

初回を読む
わたしの咀嚼した本、味見して。

三宅香帆

人気連載【京大院生が選んだ「人生を狂わす」名著50】がリニューアルして再スタート! 書籍『人生を狂わす名著50』の著者であり、現役の京大院生で文学を研究し続ける24歳の三宅香帆が、食べて、咀嚼して、吐いた本の中身を紹介するブックガイドです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Prof_Edaha  理想ぶるなというシニシズムを安吾は否定しているんだけどなぁ 約1年前 replyretweetfavorite

m3_myk ▶︎cakes連載更新です! 坂口安吾の『堕落論』をご紹介してます。 https://t.co/gfFWXrBeCO 約1年前 replyretweetfavorite

nishino_fumi わたしの最も好きな作家の魅力が超伝わりやすく紹介されててニヤニヤしちゃった 約1年前 replyretweetfavorite