子どもが非行に走る原因は、空腹?

広島に赴任したNHKディレクター、伊集院さんは、保護司のかたわら自宅を開放してお腹を空かせた子どもたちに手料理をふるまう「ばっちゃん」(中本忠子さん)の存在を知り、取材をはじめます。どうしてもシンナーをやめられない少年が言ったひとこと、「シンナーを吸っているときはお腹が空いたことを忘れられる」。これが「非行」と「空腹」が中本さんの中で繋がった瞬間でした。


親がアルコール依存、クスリをやっている、虐待、服役中……。
そんな環境が「普通」になってしまった子どもたち。

 なぜ子どもが非行に走るのか?
 長年の経験で行き着いた中本さんの答えは「空腹だから」となる。

「お腹が空いたときっていうたら、悪さをすることしか頭にないもん。子どもらっていうのは。男の子だったらカツアゲ、万引き、ひったくり。女の子じゃったら売春。お腹が空いたときに考えるいうたらそれしかない! これは 10人が10人、みんな!」

 これはNHKスペシャルの番組の冒頭でも使った中本さんの印象的な言葉だ。

 でもここだけの話、内心は「そんな単純でもないでしょうに」と思っていた。「以前に比べて子どもに関わろうとする大人が少なくなっている」とか、「昔に比べ貧困の質が変わってきている」とか、「社会の中で何かを排除する傾向が強まってきている」とか……。
 もっと問題の「根幹」があって、それを解明したいという思いがあった。しかし、今思えば、私は流行病にかかっていたようだ。
 テレビの制作者だけがかかる病のようで「子どもの貧困」や「不寛容社会」、「地域社会の崩壊」といったトレンド的キーワードを番組の中にちりばめておくと安心するというものだ。
 私は何度か、中本さんに子どもたちを非行に走らせる「時代の悪者」を引き出そうとインタビューをしたことがあったが、当の中本さんは「何じゃろね?」と首をかしげるばかりだった。

 私だけではない。
 最近、中本さんのもとには「子どもの貧困について特集したい」とほかのマスコミからも取材依頼が来るのだが、中本さんは「ウチには貧困の子どもはいないよ」と断っている。
「子どもの親はたいてい生活保護をもらっていて、ウチの年金より多い」というのが中本さんの理由だ。問題の本質は、お金がギャンブルやお酒、クスリに回って、子どもの食べ物に回っていないこと、なのだという。

 親が子どもにお金を渡しているケースも少なくない。しかし、お金を数日間にわたって計画的にやりくりし、食べていくことは容易ではない。結局はどこかの時点で「食べられない時」がやってくる。

 自然と「親は何をしているんだ」という疑問が浮かんでくる。
 しかし、しかしである。
 この「とにかく親が悪い」という見方は非常に危険だ。そこで問題をシャットアウトしてしまい、結局困っている子どもは置いてけぼりのまま、問題は何も解決しない。
 もしかしたら、社会はそうやって「子どもに関わらなくていい」自分たちへの言い訳にしているのかもしれない。とにかく子どもたちは「食べられずに」弱っている。

 私は、中本さんの家に通うようになって、にらんだり、威嚇している非行少年の姿を見ると、「怖いんだな」「不安なんだな」と感じるようになってきた。
 動物は弱いものに対して威嚇などしない。強いものに立ち向かったとき、負けてしまうかもしれないと思ったときほど、大きく虚勢を張るものだ。これらの“にらみ”が強烈なほど、それは子どもたちが、どれほど社会を恐れているかを表しているようにも思える。大声で街で暴れるのも、彼らなりの“のろし”なのかもしれない。

 中本さんもインタビューの中でこう語っている。

「子どもの中には『野良犬、野良猫のような扱いを受けとったのが、それがなくなった』と言う子どもがおるわけね。結局、私たちと触れ合うようになってね」

「親が悪い」ではなにも解決しない

 もしも身体のどこかに異変があるとき、子どもに限らず大人でも「どこが痛いのか」と痛みの表現を求められたら困るのではないだろうか? 
 「お腹の奥のほうの下のほうの……」と場所を表現するのも難しければ、「ヒリヒリ」「ジクジク」といった痛みの内容を表現するのも難しい。
 とりわけ……、子どもの本音を引き出すのは実に難しい。子どもたちは大人の求める答えを知っていて、気を遣い、そこを意識して答えてくれているように思う。
 田植え体験を終えた子どもにインタビューをすれば、低学年だと「ドロドロしていて楽しかった」のように答え、高学年だと「いつも食べているご飯がこうやって作られていると知って、ご飯がもっと好きになりました」といった内容を答えてくれることが多い。

 我々テレビの側も、それを「子どもの声」として伝える。でも本当に楽しい子どもだけだったのか、学びがあった子どもだけだったのか、現場にいる人間として反省すべきところは多い。
 もしカメラの回っていないところで、無作為に声をかけたとしたら「別に……」と言った子どもは少なくないだろう。
 私の性根が曲がっているだけかもしれないが、私は「子どもの本音」に辿たどり着くことは、非常に難しいと感じている。

 私は、中本さんの家にやってくる多くの子どもに、質問し続けた。自分の痛みを表現するのも、本音を引き出すのも難しい子どもに対して。
 中でも「親についてどう思うか?」は、必ずといっていいほどする質問だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ばっちゃん ~子どもたちの居場所。広島のマザー・テレサ~

伊集院 要

「子どもはお腹がいっぱいになったら悪さはせん」  37年間にわたり、自宅を開放して子どもたちに手料理を振る舞いつづける女性がいます。子どもたちから「ばっちゃん」と慕われる、中本忠子さん(83歳)。2017年1月のNHKスペシ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ShotaHatakeyama 最近子供の健康や栄養状況が学力に与える影響の分析が進んでいるけど、それを踏まえると、この影響も結構無くはなさそう。 >~子どもたちの居場所。広島のマザー・テレサ~ https://t.co/Yx2hSvcQZY 9日前 replyretweetfavorite

nakamura990417 自分もついそう錯覚しがちなんだけど、子どもを純粋無垢な存在とみなしてしまうのは何だろね。自分の子どもの頃を思い返しても、大人の前ではめでちゃ空気読んでた気がするし。 →"とりわけ……、子どもの本音... https://t.co/5jog23AY7N #NewsPicks 10日前 replyretweetfavorite

devil_namaco 感銘を受ける。書籍を購入して読もうか… 11日前 replyretweetfavorite

hokama_hideyuki 食生活を改善して思う事は、多くの問題は食事から発生ような気がする。 > なぜ子どもが非行に走るのか?  長年の経験で行き着いた中本さんの答えは「空腹だから」となる。 https://t.co/XMztMsR1kf 12日前 replyretweetfavorite