お酒でボロボロになった、父の体と娘の心

毎週末、記憶を失うようなお酒の飲み方を数十年続けた菊池さんの父。体はボロボロになり、余命宣告をされてしまいます。読後、涙が止まらないと話題の「酔うと化け物になる父がつらい」、家族とアルコールを考えるノンフィクションエッセイ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

お酒で壊れた家族に学ぶ、アルコールのこと

この連載について

初回を読む
酔うと化け物になる父がつらい

菊池真理子

毎日のように飲みあるき、週末のたびに記憶をなくしていた父。だけど、近所では「おもしろい人」として人気者でした。「飲みすぎないでね」という娘の願いを聞くことはなかった父。あなたにとって大事なものって、なんですか?アルコールと家族の関係を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chann_chang この連載泣いてしまうから職場で読むのだめなやつ、って毎回読み終わってから気づく 12日前 replyretweetfavorite