高橋源一郎「​10年間の宿題―9・11から3・11まで」

【第8回】1人目は高橋源一郎さんのご登場です。ご自身の代表作3点として挙げたのは、『さようなら、ギャングたち』(1981)、『日本文学盛衰史』(2002)、『さよならクリストファー・ロビン』(2012)。『さよならクリストファー・ロビン』を執筆中、東日本大震災が発生します。最初の表題作は震災を予言するかのように、カタストロフが生じたことが描かれいます。(聞き手・武田将明)

10年間の宿題—9・11から3・11まで

武田将明(以下、武田) 『日本文学盛衰史』を発表した後も、高橋さんは旺盛に執筆活動を続けられます。

ここから、選んでいただいた代表作三編のうち、もっとも近年に刊行された『さよならクリストファー・ロビン』の話に移りますが、この作品を考える上で、どうしても言及しなければいけないのが東日本大震災だと思います。

読んだ方はおわかりでしょうが、これは六つの短編を集めたもので、最初の三つを書いた後に地震が発生したと聞いています。知識を前提にして読んでしまうからかもしれませんが、後半の三編からは、前半の三編に比べて、切迫した感じが伝わってきます。

ただ同時に、この六編に通底するものもあるような気がしてなりません。何といっても最初の「さよならクリストファー・ロビン」という表題作のなかで、これは震災前に書かれたにもかかわらず、「あのこと」と呼ばれるカタストロフが生じたように書かれています。

予言とまでいうつもりはありませんが、何か時代の重い空気を掬い取った結果が未来の現実と一致してしまったというような、不思議で、少し不気味な感覚を受けました。

『さよならクリストファー・ロビン』(新潮社、2012年)

高橋源一郎(以下、高橋) そうですね。この作品は、最初の三編は3・11の前に書いたものです。やはりこうやって考えながら小説を書いていくと、だんだん違ったものに関心が集まってきますね。

『日本文学盛衰史』の頃は、さっき言ったように、一つの文学という時空間の話でした。これは時期的にいうとバブル景気の後で、何か世界がだんだん劣化していくなかで、でも、「文学という時空間はいま、すごいんだよ」と言おうと思って書いた作品です。

ご存じのように、社会の流れでいうと、バブルがはじけたのが1992年です。もうこのときは、10年近くたっているんですけども、なだらかな後退のようなものがずっと起こっています。そして『日本文学盛衰史』の後、2001年に9・11があります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

珠玉のインタヴュー集、かつ良質なブックガイド

現代作家アーカイヴ1: 自身の創作活動を語る

高橋 源一郎,古井 由吉,瀬戸内 寂聴,平野 啓一郎,飯田橋文学会
東京大学出版会
2017-11-11

この連載について

初回を読む
現代作家アーカイヴ~自身の創作活動を語る

飯田橋文学会

高橋源一郎さん、瀬戸内寂聴さん、谷川俊太郎さん、横尾忠則さん…小説家・詩人・美術家の人たちは何を生み出してきたか? 自身が代表作を3作選び、それらを軸として創作活動の歴史を振り返ります。創作の極意、転機となった出来事、これからの話ーー...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hiranok (cakes(ケイクス)) https://t.co/1ksfwNeJsu #NewsPicks 4ヶ月前 replyretweetfavorite