個人への復讐にしては量が多すぎるようです。犯人のターゲットは…」

放火と女性殺害の二つの事件が繋がり、警察は共同体制で犯人の最大のターゲットを考え始めるーー。
テレビドラマ化もした人気の警察小説シリーズ、大ヒットした第1弾を全文公開。
推理だけは超一流のドジっ娘メガネ美少女警部とお守役の設楽刑事の凸凹コンビが難事件に挑む!
シリーズ最新刊『破壊者の翼』、好評発売中!


13


 午後一時十四分。

 高宮刑事の話を聞き、瀬戸一係長がこちらの経緯を話す間、周囲の捜査員たちはあるいは腕を組み、あるいはメモ帳を睨み、眉間に皺を寄せてそれぞれに考えを巡らせているようだった。俺はメモを取りながら、とにかく話を聞き逃さないように集中していた。

 昨夜逮捕した児島は薬物の影響がなかなか抜けなかったものの目立った抵抗はせず、今は双葉さんが取り調べている。取調は今も継続中だが、サイロームを奪った男に関して、有益な情報はまだ一つも出ていなかった。

 児島の供述によれば、犯人は、児島がサイローム発見の報道を受け、怖くなって殺人請負の項目をサイトから削除した二日後、客を装って児島のサイトにアクセスしてきたのだという。メールをやりとりし、合法ドラッグの一種である商品の売買が決まった。だが児島が引き渡すため指定したコインロッカーに着いたところで、先に来て待ち伏せていた男にナイフのようなものを突きつけられ、サイロームの所在を訊かれた、ということらしい。その際、児島は犯人と長時間接触していたが、体格は「特に太っても痩せてもおらず、背が高くも低くもない」。顔は「眼鏡をかけ、マスクと帽子で顔を隠しており、よく分からない」。年齢は「大人のようだったが、老人ではない」──という証言しかできず、犯人像は全く絞れなかったのだ。

 高宮刑事は言った。「石田一家の、父親と息子にまだ連絡が取れていません。息子の方はクラブ活動だというので学校にいるはずなのですが、父親の方は一昨年から登山を始めたらしく、日曜は山に行っていると……」

「怪しいぞ。どの山なのか分からんのか?」川萩係長が高宮刑事を睨むように見る。「駅や山小屋はどうだ。目撃者がどこかにいるだろう。網は張ったのか」

「できる限り、やっております」高宮刑事は当然、という顔で頷く。「そちらの方はネットのアクセス記録、どうですか?」

「本庁のハイテク課に依頼した。まだ返答がない」川萩係長は渋い顔で腕を組んだ。

 二人が黙ると、周囲の捜査員たちもなんとなくもどかしそうに沈黙した。静まりかえった大会議室で壁掛け時計の長針が動き、ばしゃ、という音をたてた。

 西東京の捜査員たちにとっては手詰まりの状態だった。石田父子に対する網は糀谷の捜査員が張っている。今、できることと言えばその手伝いぐらいだったが、上からの指示なしでは動けないし、そもそも糀谷の方でこれ以上の人手が必要ないというならば、自分たちにできることはないのだ。警察の手が迫っていることは把握しているはずだから、犯人は焦っているだろう。こうしている間にも事件発生の放送が流れるかもしれない。受令機から切迫した声が聞こえるかもしれない。だから一人一人が考えていた。今、何をすべきか。

「サイロームですが」人垣の中から女性の声がした。麻生さんだ。「児島が中町小学校から持ち出したものはかなり大量だったはずですが」

 麻生さんが少し動き、こちらを見た。俺は頷いた。

「児島によれば、すべて奪われたそうだ」川萩係長が答える。「どのくらいの量だったか、具体的なことはよく覚えていないらしいが」

「たとえば石田の父親か息子がそれを使うとして、相手は誰でしょうか? 五十畑家はもう全員死んでいるのでは」

 麻生さんの言葉を聞き、全員が一斉に考え始めたようだ。あちこちから吐息や唸り声が聞こえ、小声で呟く声も聞こえてくる。

 管理官が彼女を見た。「確かに、個人への復讐にしては量が多すぎるようです。犯人のターゲットは複数の人間かもしれない」

「では、その複数の人間、とは誰でしょうか」

 麻生さんの言葉に、管理官をはじめとしたその場の全員が動きを止めた。石田弘樹にしろ楽人にしろ、確かにこれ以上の、殺すべき特定の誰かがいるとは思えなかった。だとすると。

「特定のターゲットはもう、いないはずです」麻生さんは管理官を見て言った。井上管理官と違い、かわりに来たこの人は使える、と踏んでいるようだ。「なのに石田は、大量のサイロームを必要としているんです」

 管理官が彼女を見て、感情を差し挟まない声で言った。

「つまり、無差別に……しかも大量にやる、ということになりますね」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

海月&設楽の捜査一課凸凹コンビの前に、最凶の敵〈鷹の王〉降臨!シリーズ最新刊!

この連載について

初回を読む
戦力外捜査官

似鳥鶏

テレビドラマ化もした人気の警察小説シリーズ! 推理だけは超一流のドジっ娘メガネ美少女警部とお守役の設楽刑事の凸凹コンビが難事件に挑む! 連続文庫化&新作刊行を記念して、第1弾をcakesにて全文公開します!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Kawade_shobo 公開しました!|[今なら無料!]テレビドラマ化もした人気の警察小説シリーズ! 3年弱前 replyretweetfavorite