台所のムダとストレスをなくす、「ふせんとペン」の活用術。

冷蔵庫の奥のほう、はたまたスパイス入れのはじっこに鎮座している「いつ買ったかわからない調味料」。「まだ行ける?」と捨てられずにいるけれど、積極的に使う気にもなれず、台所のモヤモヤの原因になっていませんか? 人気料理家の高木ゑみさんは、こうした調味料は「ふせんとペン」で管理しているのだとか。最新刊『やる気の続く台所習慣40』から、台所のストック類をすっきり管理する方法を紹介してもらいました。

ストックは「ふせんとペン」で賞味期限を逃さない。

イタリアン、シーザー、中華……とつい複数揃えたくなるドレッシングや、ナツメグ、オレガノといった、ときどき使いたいスパイス類など。

必要に応じて買ったはいいものの、次に使う機会がないまま、存在をつい忘れてしまい、気がつくと賞味期限を迎えていたということ、よくありますよね。

私は冷蔵庫の目につきやすい場所に「早く使い切りたいカゴ」(100円ショップのプラスチックかごでOKです)を設け、そこに2、3日中に食べ切りたい調味料や食材を、ドレッシング、スパイスなどの細かい種類は気にせず、ざくざくと入れてあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

生徒1000人以上が「台所に立つやる気」劇的UP!! 予約の取れない“熱血教室”主宰の料理家が贈る、やる気スイッチが自然に入る「台所しごとのルール」決定版!

この連載について

初回を読む
やる気の続く台所習慣40

高木 ゑみ

献立作り、買い物、調理、後片付け、掃除……。「面倒くさい」「楽しくない」と感じながらも、それでも毎日やってくる【台所しごと】。そんな台所で「毎日のやる気が続く簡単なコツ」を超人気料理家が伝授します。手際やセンスは不要! 誰でも、今日か...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません