今が旬! あさりのうまみを一皿に凝縮した簡単レシピ[第16回]

ポルトガル料理をベースに、びっくりするほどのおいしさが詰まったレシピを紹介するバダさんの連載。今回は季節の味も詰め込んだあさり料理。ちょっと見た目は普通かな? と思わせて、ちょっと変わった食材があさりのうまみを引き立てます!

みなさんこんにちは!

4月後半、春のど真ん中ですね。
ときどきは寒い日もあるけれど、
よく晴れた日の暖かい空気が肌に触れると
やっぱり春の心地良さを感じます。
暖かいと、心もゆるりとほどけるなあ。

店先には、春が盛りの食材もたくさん並んでいますね。
歯触り抜群のたけのこ、
甘くてやわらかい春キャベツ、
しゃきしゃき食感が楽しい新たまねぎ、
小粒で水分豊富な新じゃが、
たらのめやこごみなど、独特の香りやほろ苦さがたまらない山菜も出揃っていますし、
もちろん前回の連載で取り上げたそらまめも、
カゴに山盛りでよく見かけます。

さらにさらに、身近な魚介類では
あさり!
これまたおいしい季節のど真ん中です。

あさりって、つくづく素晴らしい食材。
だって、うまみがたっぷりだから
そのまま蒸すだけでも十分おいしい!
「あと一品」に困ったときは思わずあさり頼みになってしまいます。

つい先日、
仕事で築地市場を取材する機会があったので、
貝専門の仲卸の方に
あさりについてちょっと伺いました。

まず、あさりのうま味のもとはコハク酸という成分。
日本酒にも含まれる有機酸で、
酒のうまみを生む重要な成分のひとつでもあるそう。

じゃあ、あさりの酒蒸しなんてコハク酸だらけじゃないですか!
なんて思わずつぶやいてしまいました。

それから、獲れる地域で多少の差はあるものの、
産卵直前にあたる3~5月初旬(まさに今!)と9月頃が、
身に栄養を蓄えて最もおいしくなる旬なのだそう。
旬の頃は身に栄養がまわる分、殻が薄くなるので、
洗うときなど割れないように注意が必要だそうです。

また、殻の色は貝が育った産地の砂に影響を受けやすく、
黒々しているものよりは色の薄い白っぽいものの方が、
砂の環境が良かった証拠だそう。

最近売られているものは砂出し済みのあさりがほとんどですが、
できればもう一度塩水に漬けて、
砂や汚れを出しておくと安心。

また、あさりは殻についた汚れなどが料理の味をにごらせる原因にもなるので、
砂出しだけでなく、殻の表面をしっかり洗うことも大事です。

さ、豆知識はこのくらいで、
料理の話にまいりましょう。

酒蒸しやみそ汁、あさりご飯にパスタと食べ方は無限大ですが、
私の好きなポルトガルでも、
あさりはやっぱり人気もの。

とくに有名なのが、あさりの蒸し料理
「ameijoas a Bulhao Pato(アメイジョアス ア ブリャオン パト)」です。
こんな感じ。

なんか味の想像がつくなあ、と思ったあなた。
その想像とは、ちょっと違うかもしれません。
だって、意外なものが使われていますから。

料理名を訳すと「あさりのブリャオン・パト風」
ブリャオン・パト???
何?
どこ?
誰?

調べてみるとブリャオン・パトとは、
フルネームはライムンド・アントニオ・デ・ブリャオン・パトという
19世紀のグルメなポルトガル詩人の名前だそう。
この料理の名前は、
グルメなパトさんに敬意を表してつけられたらしいよ、と
ポルトガルの料理人から聞きました。
ふむふむ。

材料はシンプル、
作り方もものすごく簡単です。
でも、ちょっと珍しい材料が入るので、
あさりが旬の今、ぜひ試して欲しい。
とくにあさりでワインを飲みたい方におすすめです。

その食材とは香菜(シャンツァイ)!
ポルトガルの、とくに南部は香菜をよく使います。
レモンと一緒に、どちらも“たっぷり”使うのがポイント。
あさりを蒸したときに出るうま味たっぷりのスープと重なって
おいしいソースになり、
まさにこのソースが主役の料理です。

香菜ってさ、あの匂いがダメなんだよねという方。
そんな方はぜひ、
代わりにイタリアンパセリで作ってみてください。
こちらはさらに上品ですっきりした仕上がりになります。

材料はこちら

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yaiask あさりの季節に2回は必ず作るこれ、今年も作りました。ほんとおいしい。ビールを飲みそうになったが、ペリエで我慢 3ヶ月前 replyretweetfavorite

saoribada “@orchidcoast: とりあえずビール!|バダサオリ|cakes(ケイクス)|https://t.co/L2sk143NeR”❤ 3年弱前 replyretweetfavorite

yaiask これつくってみたら超おいしかったですね。パクチーとあさりがこんなに合うとは→【第16回】 約4年前 replyretweetfavorite

matta800204 〆(`д´)メモメモ.. あさりで白ワインとか最高じゃないですか!! │ 【第16回】 約4年前 replyretweetfavorite