​「そんな気全くなかった」という女性

以前、「男女の友情があるという女、ないという男」という記事で、「男女に友情はありえるか?」という永遠のテーマについて書いた林伸次さん。男女に友情はない派の林さんが今回書くのは、異性として意識してしまう男と、友人として扱う女のすれ違いのお話。思わぬ事故を起こさないよう、ぜひ参考にしてみてください。

男女の友情は成立するのか、再び

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

以前、この連載で「男女の友情があるという女、ないという男」という記事を書いたところ、予想通り、いろんな反応がありました。詳しくは記事を見ていただくとして、趣旨としては「男女の間に友情はない」という感じのものでしたが、女性からの意見は4割くらいが「納得。やっぱり男女に友情はない」というもので、6割くらいが「男女に友情はあります。だって実際に私、恋愛には絶対に発展しない仲がいい男性がいますから」という反応でした。

この女性からの意見を、複数の男性陣にぶつけたら、こんな感じの回答が戻ってきました。

「基本的に、男性って、ある程度以上の女性であればセックスはできる。本当にセックスをするしないは別として、全く好みじゃない女性以外となら、なんとなくそういういい感じの雰囲気になれば、たぶんできる。  だからほとんどの場合は、その女性と仲良くなってきて、ちょっと心の奥の方でモヤモヤはしているけど、色んな人間関係のこともあるから、セックスしようって言い出さないだけ。そしてそんな関係を女性側が、「友情」だと思っているのは想像できる。でもやっぱりそれは友情ではないような気がする」

「基本的に男性は、性的に興奮しないとセックスはできない身体になっている。そういう意味で、正直に言うと申し訳ないけど、全くそんな気持ちにはならない女性はいる。  もちろんそういう女性でもすごく話や趣味が合うときもあって、親しくするという場合はある。それを「友情」というのなら、まあ友情かもしれない。でもそんなに多くあるパターンではない」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

messaget2 この記事もっと早く読んでいれば…失敗してなかったかも知れない。 後の祭りだけど(´・_・`) https://t.co/wDg0VLVbh9 22日前 replyretweetfavorite

asyara28 永遠に、男女に友情が成立すると言う意見と、しない言う意見との比率は離れたままの気がする…。世代が離れた方が、男女の友情は成立し易いかも知れない…?https://t.co/VvleUXoO1o 22日前 replyretweetfavorite

restart20141201 「そんな気全くなかった」という女性|林伸次 @bar_bossa | 23日前 replyretweetfavorite

gohstofcain 「そんな気全くなかった」という女性|林伸次 @bar_bossa | 《基本的に男性は「すごく親しくなりたい女性というのは、セックスをしたいと思っている女性」… https://t.co/GjS56HZ222 23日前 replyretweetfavorite