居酒屋女子にくびったけ。
−汗ばむ彼女に落ちた日−

【第30回】なぜ、男子は女子の接客を喜ぶのか。お酒のお酌ってそんなにうれしいものなのか? そんな態度で生きてきた演劇青年・藤田がついに未体験ゾーンに! 過去の主張をくつがえすほどの事件に、周りの女子たちも唖然!?

ぼくは未だに、キャバレークラブやガールズバーなど、またはスナックとか、そういう。女子が接客してくれるようなお店にはいったことがないし、未体験なのにあれだけど、あんまり魅力みたいなのがわかっていない。

お酒をお酌されるのもとても苦手だし、知らないひとと上手く喋ることができないし、単純に怖い。もしかしたら、一生、行かないかもしれないとおもうくらいだ。しかしついこないだ、磯丸水産という居酒屋にはいったとき。はじめて、なんていうか、店員さん(アルバイトだとおもう)が、なんて愛らしいんだとおもってしまった。このことはぼくのなかで、とてつもない事件であった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

又吉直樹さんも絶賛!「透き通った変態性と切なさが最高」

おんなのこはもりのなか

藤田貴大
マガジンハウス
2017-04-13

この連載について

初回を読む
おんなのこはもりのなか

藤田貴大

演劇界のみならず、さまざまなカルチャーシーンで注目を集める演劇作家・藤田貴大が、“おんなのこ”を追いかけて、悶々とする20代までの日常をお蔵出し!「これ、(書いて)大丈夫なんですか?」という女子がいる一方で、「透きとおった変態性と切な...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません