人妻ナースは若い男との2度目の青春を愉しんだ

公民館でそれぞれが打ち明ける百鳥悠次郎との淡い恋。今回は、当時病院に勤務していた助川光子。彼女は人妻だった。

湊エリカの悠次郎との赤裸々な思い出話を、さっきまで言い争いをしていた片山智恵子と猪子由美までも、だまって聞いていた。

(そんなことまで言う?)と百鳥ユウカは思っていたが、もう30年以上も前の話だから、きっと秘密を話すハードルも下がっているのだろう。湊エリカは、悠次郎との思い出を綺麗なものとして、心の片隅にずっと取っておいたらしい。話し終えると、満足げな顔をしていた。

ところが、湊エリカの話を聞いて、口を開いた人間がいた。

助川光子だった。

ふくよかな面持ちをしていて、でっぷりとした下肢は公民館の畳にぺたっと崩している。全体的に鏡餅のような体躯の彼女が、座卓に身を乗り出してこう言った。

「そこまでみなさんがおっしゃるなら、私も話しをしていいかしら」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 3年弱前 replyretweetfavorite