でもさ、自分でも思うんだよ。どうも話ができすぎじゃないかって。

御巣鷹山の悲劇は空前絶後ではなかった。史上最悪の航空機事故は仕組まれたのか。幾人もの事故関係者と遺族、生存者の証言から浮かび上がる謎の数々。刊行自体が「アクシデント」な劇薬小説。美野里健吾の証言、後編です。
『タモリ論』で「いいとも」終了を予見した樋口毅宏さんが、満を持して放つ巨篇『アクシデントリポート』を特別掲載いたします。

 ここまできたらみんな言わせろよ。

 そういゃあ「羊水が腐る」ってラジオで発言して怒られた女いたよな、むかし。ニッポン放送の株価まで下がって。別にあんなブス、擁護するつもりはないけどさ。ヤラしてくれるならそりゃ嬉しいけど。
 自由報道協会でおっさんが「東電の前でチベットのお坊さんみたいに焼身自殺すれば、私も有名になれたんだが」とか言ったやつもさ、なんだかなって話だよな。
 もちろんおっさんの発言は褒められたことじゃねえよ。でもよ、おめーそれまでチベットが中国に弾圧されてきたことを本気で心配したことがあるのかよ? 相手が反論できない立場にいるのをいいことに、正しさを振りかざすヤツがいちばん信用ならねえよ。文化人もどきに多いぜ。そんなヤツに限ってテメエの過去のエキセントリックな言動については何も覚えちゃいないんだよ。テレビのコメンテーターとか評論家の百パーセントはダニだろ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アクシデント・リポート

樋口毅宏

御巣鷹山の悲劇は空前絶後ではなかった。史上最悪の航空機事故は仕組まれたのか。幾人もの事故関係者と遺族、生存者の証言から浮かび上がる謎の数々。刊行自体が「アクシデント」な劇薬小説。 『タモリ論』で「いいとも」終了を予見した樋口毅宏さん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません