ドリルが欲しいのではない、欲しいのは穴だ

この商品の売りはなんだろう?と考える時、つい類似商品との比較をしがちです。近視眼に陥ることで見失っているものはないでしょうか? 洗濯をしながら考えてみましょう。

皆さんは、自分の服を洗濯していますか? 自分でしている人もいれば、家族の誰かがやってくれている人もいるでしょう。でも洗濯って面倒ですよね。色物かどうか仕分けて、洗濯機に入れて、洗剤とか漂白剤とか柔軟剤とか適切なところに入れて、洗い終わったら、ハンガーとかに掛けて干して、乾いたらたたんで、タンスなどしかるべき場所にしまわなくてはなりません。ドラム式の洗濯乾燥機があれば、干す手間が省けますが、乾燥しすぎて縮まないかどうか、気をつけなければなりません。

じゃあ全部、クリーニング屋さんに出せば良いじゃないか、という話になるけれども、そうは問屋が卸しません(話が脱線しますが、この表現もマーケティング的であることに気がつきましたか?)。そんなことをしたら、どれだけお金がかかるのか、考えるだけで恐ろしいです。同じように家事サービスを使って洗濯をまかせる、という方法もあります。逆に、洗濯機を買うお金すらもったいない人は、コインランドリーで洗うとか、洗濯板で手洗いをするという方法も考えられます。

しかしいずれも高すぎたり、手間がかかりすぎたりして、あまり現実的ではありません。そういったことから、現在の日本では、服を洗う方法として、洗濯機とか洗剤とか物干し竿とかハンガーなどを購入し、消費者それぞれが自分で洗濯することが、一般的になっているのです。

なんで洗濯の話をしているのでしょうか? ポイントは、ぼくたちは洗濯機を買うのは、洗濯機が欲しいからではなく、洗濯機の機能、つまり手間をかけずに洗濯ができるという機能を欲しいからだ、ということです。もしクリーニング代が仮に今の値段の10分の1になったとしたら、どうなると思います? おそらく多くの人は、自分で洗濯をするのをやめて、下着とかジーンズとかもクリーニング屋に出すでしょう。同じことは、家事サービスの値段が大幅に下がった場合にも言えます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
今さら聞けないマーケティングの基本の話

松井剛

何気なく使っているマーケティング用語。そのことばの裏には、あなたのビジネス、さらには世の中の見方を変える新たな視点が隠れています。一橋大学経営管理研究科・松井教授が、キーワードをゆったりと、しかし的確に解説するこの連載。他人の成功体験...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu 近視眼に陥っていませんか? https://t.co/8fwkET8I8A #スマートニュース 3年弱前 replyretweetfavorite

pingpongdash この人のゼミに入りたかったなぁ 3年弱前 replyretweetfavorite

matsu_take 今回は洗濯とか 3年弱前 replyretweetfavorite

Kawade_shobo 公開しました!|[今なら無料!]あなた自身に必要なマーケティング感覚を育てるコラム 3年弱前 replyretweetfavorite