晩酌歳時記

第十三回・筍

今年もらった誕生日プレゼントは、燻製卵、塩、塩クッキー、日本酒、茶葉……そんな佐藤和歌子がお届けするショートコラムです。ここでは食べ物の俳句ばかり作っていますが、食べ物以外にも楽しい季語がたくさんありますよ。

 御殿場においしいイタリア料理屋があるとの情報により、十時五十分新宿発のロマンスカーに乗りました。崎陽軒のポケットシウマイ(六個入り二百五十円)を突きながら缶ビールを呷り、片道約一時間半。昼飯を食べ、近場の日帰り温泉施設に寄って帰るだけの小旅行。一人でそんなことを思い立ったのは、車窓から名も知れぬ山々を眺めることが内心一番の目的だったらしいと、秦野駅を過ぎたあたりで気がつきました。「山笑う」という春の季語がありますが、新芽の出始めが「微笑む」だとしたら、今は「大笑い」って感じ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
晩酌歳時記

佐藤和歌子

季語と晩酌をテーマにしたショートコラム。月四回更新(毎週木曜、第五はお休み)。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード