第一回】「創刊の理念」とはどのようなものか? —岩波文庫にあって、楽天koboにないもの

「メディアの立ち上げ」に一番大事なもの。スタッフ、デザイン、執筆陣、コンテンツの充実度、収益モデル……などなど、あらゆる要素のなかから、数々のウェブコンテンツを手掛けてきた田端信太郎氏が考える、「メディア創刊に大事なもの」とは?

はじめまして。田端信太郎と申します。現在はLINEやNAVERまとめ、livedoorを運営するNHN Japan株式会社で広告担当の執行役員をしております。cakesのオープンに際し、私の駄文が掲載されることを誠に名誉に思います。

さて、私はこれまで、紙とネットの両方において、幾つかの新規メディアを立ちあげて参りました。この連載では、新たにメディアを立ちあげようとすることに興味のある人に対し、視野を広げて頂くきっかけとなれば、という思いで書いて参ります。

このPiece of Cakeの「cakes」も、この2012年に産み落とされた新規メディアでありますが、このような新規メディアを立ち上げるに際して、最も必要なものは、皆さん、何だとお思いでしょうか。お金? 人材? ヤル気? ……etc.

非常に青臭く、白けるようで恐縮ですが、私は、新たにメディア(ウェブサイト、雑誌、書籍etc.)を作るにあたって、もっとも必要なものは、「志」や「理念」、「哲学」や「思想」としか言いようのない何か……だと痛感しています。より具体的に言うならば、自分を取り巻く社会や時代状況に対する、「異議申立て」や、「存在する不条理への怒り」のようなものとでも言えるでしょうか。事業として持続し、読者や関係者を巻き込んで、リスペクトを勝ち取るようなメディアには、有形か無形かを問わず、スピリットとでも言えるような何かが必ずその中核にあるのだと感じて参りました。

さて、これは何ゆえでしょうか。

まず、第一に、書籍やウェブサイトというもの、つまりメディア上で提供される記事やコンテンツは、1回限りで消費され、蕩尽されるものではないからです。つまり、既存のものと何か違うところのないかぎり、存在意義はありません。(この「利用されたからといって、消費されない」という情報の本質については、メディアに携わる者は、よくよく考えぬく必要があります。)

そして第二に、読者がメディアを必要とする理由は、メディア企業やコンテンツの著者を儲けさせたり、関係者の自尊心を満たすためではありません。読者は、あくまで自らの知的欲求を満たしたり、読者が日々の生活の中で感じている違和感や不満どのように解決するかにこそ興味を持つからです。

さて、今回は、本サイトの開設記念ということもあり、私が、この文章において「創刊の理念」と言ってきたものが指し示す具体例を紹介し、解説をしたいと思います。

「創刊の理念」として、もっとも格調高く、自らの存在意義を謳い上げる事例として、私が感銘を受けた岩波文庫の発刊の言葉を紹介します。自分達のメディアは、どういう価値観を持って社会に挑もうとしており、現状について何を不満に思い、読者と、読者を取り巻く世界をどのように変えていきたいのか。この文章に勝る普遍性と、純度の高い熱量を伴った好例を私は知りません。そして、楽天koboやAmazon Kindleを巡って、電子書籍に関する議論がやかましい昨今だからこそ、読み返すべき名文だとも思います。

文語調で一見、堅苦しいのですが、今となっては、若干の皮肉に感じられる面も含め、実に味わい深い文章ですので、毛嫌いせずに、お読みください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

メディア・バカ一代

田端信太郎

TwitterやFacebook、ブログやHP……。いまや、ウェブメディア抜きにしては語れない日本のビジネス界。これらウェブコンテンツで、必要なものはなんなのか。これまで、「R25」「ライブドアニュース」「BLOGOS」など、数々のウ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード