新しい恋人と長年の恋人が、初めて顔をあわせた日

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。ポリアモリー当事者のきのコさんは、男性Aさんと同棲しながら、最近新たに男性Iさんともお付き合いをはじめました。今回はそのAさんとIさんが初めて顔をあわせた時のお話です。


※きのコさんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください!HN・匿名でもかまいません。

こんにちは、きのコです。

前回は、私に新しいパートナーができた話をしました。

引き続いて今回は、以前からの私のパートナーであるAさんに、新しいパートナーであるIさんを引き合わせた時のことについて書いてみたいと思います。

まるで両親に紹介する時のようなドキドキ感

その日、私は朝からそわそわと落ち着きませんでした。

「ポリーラウンジ」の開催当日。私が運営の一人として開催している、ポリアモリーに興味がある人たちの交流会です。

Iさんとのお付き合いを始めて間もなく、私は彼をポリーラウンジに誘うことにしたのです。その日の会には、Aさんも参加することになっていました。

複数の恋人とお付き合いするポリアモリーである私にとって、新しい恋人ができた時にいちばんドキドキするイベントが、なんといってもこの「恋人同士の顔合わせ」なのです。モノガミーのお付き合いであれば、恋人を自分の両親に紹介する時のようなドキドキ感、といったところでしょうか。

自分と関わりが深い、いわゆる「身内」の人間同士の顔合わせ。お互いのことを気に入ってくれるだろうか、どんな話をすれば場が和むかな、共通の話題はあるかしら……。ポリアモリーなお付き合いを始めて数年になりますが、何度経験しても、こればかりはなかなか慣れないものです。

じつは、Iさんをポリーラウンジに誘うことについては、若干の不安も感じていました。

私というポリアモリー当事者とお付き合いすることになった彼に、ポリアモリーについてもっと知ってほしい。彼がポリアモリーについてどう考えているのかを知りたい。でも、私自身との恋人としての関係がまだ短いのに、ポリアモリーについてさまざまな意見が交わされるポリーラウンジという場に彼を連れてくるのは、時期尚早だったりしないだろうか。彼が混乱したり、私と付き合うことにプレッシャーを感じたりしないといいのだけれど……。

それに、いち個人でありポリアモリー当事者の一人である私と、ポリーラウンジの運営の一人である私とでは、同じ「きのコ」という人間であっても、微妙にその顔は異なります。

恋人といるときの私は、プライベートな私。ポリーラウンジにいるときの私は、主催という立場もあって、どちらかというとパブリックな私。プライベートな関係である恋人に、パブリックな顔を見せることには、ちょっとくすぐったさもあるのです。

そんなこんなで私の中には、いろんな緊張や不安がまぜこぜに渦巻いていました。

同じテーブルについたAさんとIさん

Iさんは少し早めの時間に、差し入れのクッキーの箱を抱えて来てくれました。

彼がAさんとにこやかに挨拶をしている様子を見て、まずはちょっと安心。他の参加者の皆さんもぞくぞくと到着し、いつものようにポリーラウンジが始まりました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kinoko1027 #ポリアモリー 9ヶ月前 replyretweetfavorite