兄貴、ちょっとネットで、話題になってる奴が」

大量の毒ガスが発見され、危険が迫る東京。しかし犯人逮捕の報道がニュースに流れ、警察は判断を迫られるーー。
テレビドラマ化もした人気の警察小説シリーズ、大ヒットした第1弾を全文公開。
推理だけは超一流のドジっ娘メガネ美少女警部とお守役の設楽刑事の凸凹コンビが難事件に挑む!
シリーズ最新刊『破壊者の翼』、好評発売中!


 夜、いつものように「成果なし」を報告しに西東京署の玄関に戻った時、俺は後ろから不意に声をかけられた。「兄貴」

 このごつい声は、と思って振り向くと案の定、江藤君が気をつけをしていた。

「お勤め、御苦労さんです」江藤君は最敬礼をした。「江藤蓮司っす」

「おう」いちいち名乗らなくてもいいのだが。「ヤクザじゃないんだから、その挨拶何とかならないか」

「すんません。う、ええと」江藤君は恐縮して頭を下げる。「……お、お控えなすって」

「そりゃ初対面の挨拶だ」そっちの方がはるかにヤクザだ。「で、どうした。何かあったのか」

 俺の受け答えがヤクザっぽいからいけないのかな、などと考えながらも訊いてみる。

しかし江藤君は、いえ、などともじもじしている。「まあその、兄貴のお顔を拝見に」

「それだけかよ」

「すんません」

「そうなのですか?」

 斜め後ろにいた海月が俺の横に並ぶと、江藤君はまた体を硬くした。「あ、あねさんも御一緒で」

「今晩は。御機嫌麗しゅう」わざとなのか、海月はそう言った。江藤君はその海月に対しても「お勤め御苦労さんです」と返した。

「ここに来たということは、何か、相談したいことがあるのですか?」

 海月が小首をかしげてそう訊くと、江藤君はびしり、と直立不動になり、「いや、さすがは姐さんで」などともそもそ言った。

「実は、シュンのやつが、ちょっと騒いでまして」

「騒ぐ。何をですか?」

「その、姐さんに兄貴、最近ニュースになった事件の調べをしてらっしゃるので?」

 そういうことを訊かれるとは思っていなかったので、俺は海月とちょっと顔を見あわせたが、とりあえず頷いた。「だったらどうした」

「いえ、それが。シュンのやつが、あいつ、未だにクスリ関係のサイト、見てまして」

「おい」

「いえ、滅相もありません」江藤君はぶるぶると首を振った。「もう、やってないっつってます。見てるだけだそうで」

 俺は「本当か」と言おうとしたが、やめた。話の本題はそこではないようだ。「で、そのシュンが何かに遭ったか」

「さすが兄貴、お察しがいい。でも違うっす」

「なんだよ」

「いえ、ですが一応、ネットで一部話題なんで、兄貴にも、と」

「何だ?」

「いえ、兄貴のことですんで、とっくに御存じかもしれないんすけど」江藤君は携帯を出すと、何やらぽちぽちと操作し始めた。「ちょっとネットで、話題になってる奴が」

「その方は、どのように話題になっているのですか?」海月も気になったらしく、江藤君に歩み寄って携帯を覗こうとする。

「それが」江藤君は携帯を操作しながら、困ったように言い淀んだ。「合法なんすけど、ネットでヤク関係の、売ってる奴のサイトがありまして、シュンとかが前から見てたんすけど」

「ヤク関連……」

 そうなれば警察こちらの領域だ。無視はできないので、俺も海月の反対側から江藤君の携帯を見ようとした。外見上、西東京署の駐車場で大男二人と小柄な高校生が一つの携帯を覗き込んでいる、という変な構図になる。

「そいつが、ちょっと一部で話題なんす。その、青酸ガスの事件と関係あるんじゃないかって」江藤君は器用に携帯を操作しながら言う。「ちょうどその時期、そいつが変なこと書き込んでて」

「何?」思わず顔を上げ、江藤君を見る。

「いえ、ちょっとの間らしいんすけど」江藤君は顔を上げず、携帯を操作し続けている。「あっ、これっす」

 俺と海月は同時に江藤君の携帯を覗こうとして頭をぶつけた。俺は下がったが海月は退かなかったので、仕方なく彼女の脇から画面を見る。


ジョーカーのサイト

闇の商人ジョーカーのサイトです。

一般人には堂々と言えない(というか、一般人は存在すら知らない)品々を何でも売ります。

品質保証(全部本物です! 危険なので素人は手を出さないで下さい)
配達確実(一週間で届けます! 直接渡しも可)
商品豊富(何でも揃います! 表のrootでは手に入らない物ばかり)

★別系統の商品もあります 壊したい奴 消えて欲しい奴が居る人はコチラ


「……おい、何だよこのサイト」作りからしてかなりチープなサイトである。おそらく、特に知識のない個人が勝手にやっているのだろうということは分かる。「シュンってのは、こんなサイト見てんのか」

「すんません」なぜか江藤君が謝った。「ここの、これっす。別系統の商品ってとこ」

 江藤君は太い指で器用に携帯を操作し、★印の内容を表示させた。


別系統の商品
消えて欲しい奴を消せるもの、売ります。自然死にしか見えない、殺されたという事が分からない薬ですので、犯罪になる恐れは有りません。依頼人の素性も不要です。ジョーカーは秘密保証(依頼人の事に興味は有りません)。
依頼はコチラまで→0 8 0‐××××‐××××


「……お前ら、こんな馬鹿なサイトに関わってんのか」

「いえ、まさか」江藤君は冷静に否定した。「こんな奴、一部掲示板じゃ『ジョーカー様』って呼ばれて笑い者っすよ。ただ」

 海月が画面を覗いたまま、静かにその一部を指さした。「この記述が気になるのですけど」


自然死にしか見えない、殺されたという事が分からない薬ですので、


「これは……」俺の脳裏に一瞬、中町小学校の時の海月の言葉が蘇った。青酸ガス中毒の死体には特徴的な兆候がなく、一見、自然死に見えます──

「いや」俺は首を振り、その想像を否定した。「考えすぎだろう。確かにこの書き方は……」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

海月&設楽の捜査一課凸凹コンビの前に、最凶の敵〈鷹の王〉降臨!シリーズ最新刊!

この連載について

初回を読む
戦力外捜査官

似鳥鶏

テレビドラマ化もした人気の警察小説シリーズ! 推理だけは超一流のドジっ娘メガネ美少女警部とお守役の設楽刑事の凸凹コンビが難事件に挑む! 連続文庫化&新作刊行を記念して、第1弾をcakesにて全文公開します!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Kawade_shobo 公開しました!|[今なら無料!]テレビドラマ化もした人気の警察小説シリーズ! 3年弱前 replyretweetfavorite