なぜ日本文学に出てくる女は「望まぬ妊娠」をし続けるのだろうか?

京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う名著を選んでみた。24作目は、斎藤美奈子の『妊娠小説』。「赤ちゃんができたの……」という女たちの告白を、日本の文学界は、なぜ描き続けるのだろう?【神戸新聞・高知新聞で紹介されました!】『人生を狂わす名著50』より特別連載。作家、有川浩も推薦! →公開は毎週木・金です。

新しい読書ジャンルを開拓したいあなたへ

24/50『妊娠小説』斎藤美奈子
(筑摩書房)初出1994

文学は高尚な教養 VS 文学は笑えるエンタメ

文学の読み方が変わるっ。高尚なはずの森鴎外や島崎藤村の小説がゲラゲラ笑けてきてしまう文学批評本。#処女評論 #文芸批評 #といっても堅苦しい本ではなくめっちゃ笑える #「私、妊娠したの……」という場面に見覚えがある方注目 #小説の中の女はなぜ生みたがる? #語り口にも注目 #毒ありユーモアあり #文学を笑いながら読みたいときに


『妊娠小説』という本は、文芸批評本である。
 批評本ってナニ? と首を傾げられそうだけれども、本を取り上げて、それについてあーだこーだ言えばとりあえず批評本と言われえる。本についての本。それ本当におもしろいの……? と批評を読んだことのない方からは言われそうである。
 本についての本を読まなくても、そのまま本を読めばいーじゃん、と。
 けどね、違う。本についての本はおもしろい。ものすごく。
 いや、訂正しよう。本の中にもおもしろいものとそうでないものが存在するように、「本についての本」も、おもしろいものとそうでないものが存在する。
 斎藤美奈子の『妊娠小説』は、日本で出た「本についての本」の中で、もっとも「おもしろい」本についての本である。まずタイトルに気を取られ、妊娠小説っていったい何!? そう思って本を開くと、書き出しにこうある。

《人生を狂わせるこの一言》

日本の近現代文学には、「病気小説」や「貧乏小説」とならんで「妊娠小説」という伝統的ジャンルがあります。

 病気小説、というと何となく想像がつく。サナトリウム文学というか、美人がごほごほと咳をする様子や、入院中に一枚の葉に思いを馳せる主人公が思い浮かぶ。貧乏小説、というのも同じく。お母さんが夜なべして内職してくれる、とかね。
 しかし、妊娠小説というのは聞いたことないぞ、とたじろぐ。すると斎藤美奈子はこう続ける。

小説のなかで、ヒロインが「赤ちゃんができたらしいの」とこれ見よがしに宣告するシーンを、そしてそのためにヒーローが青くなってあわてふためくシーンを、あなたも目撃したことがあるでしょう。それらはいつも、限りない「どこかで見たぞ」感とともに、わたしたち読者をなんだか鼻がムズムズしてくるような恍惚の世界へといざなってくれるものでした。「妊娠小説」とは、いわば、かかる「受胎告知」によって涙と感動の物語空間を出現せしめるような小説のこと、であります。

今まで無関係だと思っていた数々の本たちが、「妊娠小説」というひとつの言葉を手に入れることによって、ぱっと結びつく

 うーむ。そう言われるとこちらまで鼻がムズムズしてくる。たしかに考えてみると日本文学には「望まぬ妊娠」と「驚く主人公(男)」という場面が散見される。
 例を挙げてみると、

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

重版出来!知らない本が知れる。知っている本は、もっとおもしろくなるブックガイドです。

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年弱前 replyretweetfavorite

madmax2koba こういう観点で小説を分析したことはなかったなあ. 2年弱前 replyretweetfavorite

m2ominato 局面にもよるんですけど、予想外にも縦深防御ならぬ狼狽と責任回避で対抗しているっていう気がしてますね。 https://t.co/07q6kJPIcR 2年弱前 replyretweetfavorite