一人暮らしほどけっこうなものはない

63歳でシニアチアダンスチーム「ジャパンポンポン」を立ち上げ、85歳の現在も現役でチアダンスを楽しむ滝野さん。たくさんの習い事をし、毎日を忙しそうに笑ってすごす滝野さんに、生活を楽しむコツを聞きました。

85歳、最近ようやく、老いを感じます

 63歳でチアダンスチームを立ち上げ、72歳まで仕事を続け、80歳になってウクレレを、そして、何を思ったか2年前からエレキギターを習いはじめました。
 こんな85歳は珍しいのでしょう。「滝野さん、若さと健康の秘訣はなんですか?」という質問をよくいただきます。
 ご期待に応えて参考になるようなことを言えればいいのだけれど、私は体のためになることをまったくしていません。むしろ、「健康のため」という言葉があまり好きではないのです。健康的な生活を意識したことは一切なし。
 サプリメントや健康食品の類いを口にすることもないし、運動といえば週に一回のチアダンスだけ。  調べたことはないので医学的な根拠はまったくないのですが、なぜそんなに元気なのか?と問われたら、「DNAのおかげ」としか言いようがないのです。
 よく、「60代、70代、80代と大台にのるとガクッとくる」と言います。これも私、60代、70代のときはまったく感じず、80歳になったときでさえ、あまり意識することはありませんでした。
 チアの仲間たちが「疲れた」「疲れた」と言っているのを聞いても、「えっ!? そんなに疲れるかしら?」と驚いて、内心、「オーバーだなぁ」と意地悪なことを思ったりもしていました。
 去年までは前屈して床に手がついたし、バス停にバスが来ているのが見えれば、手すりにつかまりながらですが階段をダッシュして駆け下ります。近眼ですが老眼鏡は持っていませんし、裸眼で『コンサイス英和辞典』を読むこともできます。
 ただ、ひょっとしてDNA以外に何かあるとしたら、周りから「元気だ」「元気だ」と言われ(実際に元気なのですが)、「元気」だと思い込み、自分で「元気」の旗印を掲げているからなのかもしれません。
 私も最近になって、ようやくというか、今頃というか、人並みに疲れを感じるようになりました。先日も大きなチアダンス大会にゲスト出演し、その翌日は、一日中、ウトウトと居眠りをして過ごしたほど。「疲れた」「疲れた」と言っていた人は、こんなふうにしんどかったのだと知りました。
 ぼちぼち、元気印の旗も下ろしたいな~と思うこともあるんです。でも、「滝野さんに会って、元気になったわ!」って言われると、「そうか~」とまた旗を持ち直す。
 そして、もうしばらくは元気印の旗を掲げ、ポンポンを振っていこうかなと思うのです。

一人暮らしほど結構なものはない  

 家族を残して家を出たのが52歳。アメリカ留学から帰ってきて、いったん、娘の家に厄介にはなりましたが、同居なんてまっぴら。そそくさとマンションを決めて、今でも住んでいます。
 かれこれ30年、一人で生活してきたわけです。85歳の一人暮らしに、「さみしくないですか?」とよく聞かれますし、「一人はさみしい。さみしい」と言っている友だちもいます。でも私は、「さみしい」と思うことがないのです。
 22歳で留学したときも、ホームシックとは一切無縁だったので、もともと「さみしい」という感情に鈍感なのかもしれませんが、私にとっては一人ほど気楽なものはありません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
85歳のチアリーダー

滝野文恵

「何歳からでも人生は楽しくできるのよ!」 滝野文恵さんがシニアダンスチーム「ジャパンポンポン」を立ち上げたのは63歳のとき。85歳になる現在も現役で、華麗にステップを踏み、ターンを決める。「良妻賢母」の枠にとらわれて苦しんだ時期を乗...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shigure_hexe |滝野文恵|85歳のチアリーダー 最高だった。私もこんな大人の女性になりたい。 https://t.co/fBqjFai29c 3年弱前 replyretweetfavorite

Cn198 #スマートニュース 3年弱前 replyretweetfavorite