宗教集団・寛容・図書館大戦争

今回の「新・山形月報!」は、リチャード・T・シェーファー、ウィリアム・W・ゼルナー『脱文明のユートピアを求めて』(筑摩書房)と、ミハイル・エリザーロフ『図書館大戦争』(河出書房新社)を論じます。アメリカのマイノリティ集団を描いた前者と、ぶっ飛んだロシアの小説の後者を山形さんは、どう読んだのでしょう?

今回の最初の本はシェーファー&ゼルナー『脱文明のユートピアを求めて』(筑摩書房)だ。何の本かというと、アメリカの比較的有名な、独特の小規模コミュニティについて、その成立や内容、社会との歴史的な対立や共存、そのメンバーの戒律や生活、そして組織としての興亡を非常に客観的な形で記述した本だ。


脱文明のユートピアを求めて

ぼくはSFファンだし、また子供時代にアメリカでヒッピーたちの存在を少し見てから、その後多くのカルト集団の暴走も知ったので、こうした独自の規範や信念の体系を持つ小集団には、とても興味がある。たまたま本屋でこの本を手にとったのも、そうした興味からだったと思う。

本書のタイトルや帯のキャッチコピー(「アメリカ文明に背を向けた、10の宗教集団のフィールドワークの傑作。その精神世界と脱文明のライフスタイルとは何か。」とある)は、いささかミスリーディングだとは思う。登場する集団の相当部分は、決して脱文明ではない。また帯では宗教団体を扱った本という記述になっており、確かに宗教系の団体が多いけれど必ずしもそうでないものもある。ジプシー/ロマというのは、宗教集団というわけでもない。まぁ、でも大半は確かに宗教団体だ。映画『刑事ジョン・ブック 目撃者』で有名になったアーミッシュとか、独特のストイックな家具で有名なシェーカー、モルモン教、エホバの証人、ネイション・オブ・イスラム、サイエントロジーなどだ。

こうした集団はどれも、独特の閉鎖的な集団を構築するし、その信念や「教義」とも言うべきものは、当然ながら一般的なアメリカ人とはちがう。だから、こうした集団の多くは、一知半解の好奇の目と、それ故の部分もある反発にさらされ続けている。その差が集団のアイデンティティになる一方で、ほとんど同じことだけれど、かれらの受ける迫害の原因にもなる。

ということで、本書はまず、それぞれの集団についてきちんとした情報を提供してくれる。どんな背景でそれが生まれたか、どんな歴史的発展をとげてきたのか、内部の統制はどうなっていて、外部との関係はどんなものか? 参加者たちはいったいどんな経緯でそんな奇妙な(と部外者には思える)集団に加わろうと思ったのか?そして、その将来は? それはどのような形で存続し、あるいは衰退するのか?

ジプシー/ロマを除けば、本書に登場する団体はすべて、何らかのカリスマ的な創始者がいる。その思想というか教えが、たまたま時代とうまく共鳴することで集団が拡大し、存在感を増す一方で、まさにそれが周辺社会との摩擦を創り出し、批判、迫害が生まれる。同時に、拡大の中で内部からも反発や離反は生じる。

では、その組織はどう維持されるのか? 外部からのリクルートは当然ある一方で、組織内での出産による自然増で組織が維持される道もある。一部の集団は、カリスマ的な創始者が他界すると同時に求心力を失う。またシェーカーたちは、その教義としてセックスをしないので子供ができない。だから自然増による集団維持が不可能なため、集団としての存続がだんだん弱まりつつある。他方で、産めよ増やせよで、自然増を保つ集団もある。そして創始者の教えをうまく外部化し、何らかの本や体系にまとめることで存続し、拡大を続ける集団もある。

どの集団も実におもしろい。一知半解だったこともあって、ぼくは自分がアーミッシュとシェーカーをごっちゃにしていたと本書で知った。さらに本書に登場する一部の集団は、メディアに登場するときはかなり否定的な扱いになったりすることも多いし(サイエントロジーやモルモン教やエホバの証人)、あるいは変な好奇の目でおもしろおかしく扱われるだけのこともある(シェーカーやアーミッシュ)。本書はそうした一方的な見方を廃し、なるべくそれぞれの組織をフェアに客観的に描こうとする。だからといってメディアで取り上げられる否定的な部分を隠すわけではない。ただ、なぜそういう軋轢や外部からの批判が生じるのか、そしてそうしたネガティブな面にもかかわらず、なぜ人々はその組織にとどまり続けるのかについて、明解に描き出してくれる。

もちろん、各種団体の思想の特徴はわかるけれど、部外者のぼくたちから見れば、どの組織もかなり不思議で、異様な信念を持っていると言わざるを得ない。なぜ人がこんなものを信じるのか? 本書はそれをなるべく説明しようとはするけれど、でもそれで納得できるというものでもない。

そして、やはり本書を読んで考えてしまうのは、寛容性ということだ。多様性ある社会がよい、というお題目はもちろん知っているし、共存共栄も重要だ。こちらには理解できなくても、向こうは向こうの生き方がある、というのが基本路線ではある。だから寛容にすべきだというのは、基本的にはその通り。そして、無知や偏見に基づく不当な排除や差別は当然なくすべきだ。本書はその点でもちろん、とても役に立つ。

でも、一方であらゆる差別とか排除に共通する話ではあるんだけれど、「お互いの理解が深まればみんな仲良くできます」というわけにもいかない。一部の組織はそもそも共存共栄したいという意識を特に持っていない。多くは自分たちこそがエリートだと思っていて、自分たちの思想を受け入れない一般人とは、よくても距離をおき、ふつうは哀れみ(というのも自分たちの教えを受け入れない連中はみんな地獄行きだと思っていたりするから)、ときには向こうからも排除する。ジプシー/ロマは、非ロマをはっきり差別し、見下し、好き勝手に利用して搾取しだましてかまわない相手とみている。他にも、それに類する教義を持つ集団もいる。まさに、自分たち以外のその他の連中に対する差別意識こそが、その集団のアイデンティティを支える教えだったりするわけだ。さて、そういう人々に対する「寛容」とはどういうことなのか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

columbus20 〈そしてたまたま叔父からその本を相続したため、少数精鋭のある読書室の司書になってしまった主人公は……。〉 1年以上前 replyretweetfavorite

dreamingjewels1 図書館大戦争は気になっていた。山形産が面白いって言うから、お正月に買って読んでみよう。 1年以上前 replyretweetfavorite

Redo_kms0428 読みたい本は、どんどん出てくる 1年以上前 replyretweetfavorite