それでも僕は、外科医をやめない

自分のことなど誰も興味はない」の威力

もしも、明日人生が終わってしまうなら、あなたは何をしますか? という問いかけは、自分の行動にブレーキをかけている「何か」を除外したら本当は何をしたいか、という本質的な問いを私たちに投げかけています。その何かとは、おそらく「人目」です。今回の雨月氏は、通常無視することのできない「人目」について考察します。


こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

少しずつ秋も深まり、あちこちで紅葉が始まりました。駅や旅行会社のパンフレットに「もみじ狩り」の文字が踊りますが、前々から私不思議に思ってたのですがあれってもみじを狩ってどうするのでしょうねえ。ぶどう狩りやイチゴ狩りと違いもみじは食べられませんから、山の落ち葉掃除も兼ねているのでしょうか。一度行ってみたいと思います。

さて、もみじといえば和歌です。あまり知られていませんが、和歌にはもみじを取り上げたものが実に多いのですね。

秋の夜に 雨と聞えて降る物は 風にしたがふ紅葉なりけり  (紀貫之)

は私のお気に入りです。

秋の夜にもの思いに耽っていると、窓の外から雨音が聞こえてきた。晩秋の雨によりいっそうの物哀しさを覚えてふと目をやると、色鮮やかなもみじが風に吹かれて落ちていった。(雨月訳)

もみじに救われた筆者、紀貫之(きのつらゆき)さん。彼は女性の語り口で土佐日記を書いた初代ネカマとしても有名ですが、実は和歌の名手でもありました。天皇から和歌集を作れと言われ、プロデュースを始めたのが37歳のころ。落ち目である紀家に生まれ育ち、歌才には恵まれたが出世できない宿命の自分。彼は真紅のもみじの葉を見て、何を思ったのでしょうか。

(画像:紀貫之 wikipediaより引用)

(歌はこちら、紀貫之についてはこちらを参考にしています)

さて前置きが長くなりました。今回のテーマは「自分のことなど誰も興味はない」という言葉です。これは私が常々考え、いろいろな人に言ってきたことです。有名人も似たようなことを多く言っています。例えばホリエモン氏は著書「多動力」で「誰もあなたに興味がない」と書いています。今回はこのフレーズがとても便利で威力があるよ、というお話です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hal_31 これ真実で、覚えておきたいこと。だから、周りの目を気にして生きるのはもったいない、と思う。→ 約2年前 replyretweetfavorite

Spriggan1106 勉強になった。公的自意識、高い人ほど世間の正体わかってない説。「世間の自分のことなど誰も興味はない」の威力|雨月メッツェンバウム次郎 @ugetsujiro | 約2年前 replyretweetfavorite

titesu https://t.co/k4iYBPGups ★紀貫之は初代ネカマ!Σ( ̄□ ̄;) 約2年前 replyretweetfavorite

hannarry いやほんとに。ほんとそう。自分が思うほど誰も私のことなど興味はない。→ 約2年前 replyretweetfavorite