彼の不美人、僕の美人

好みのタイプは人によって変わります。「あの娘かわいいよね」「ええ、どこが?」なんて会話が今もどこかでされています。なぜ好みはこんなのにも違うのか、bar bossa店主、林伸次さんが考えます。

ブラジル人男性が紹介してくれた日本人女性

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

昔、ブラジルに2ヶ月ほど滞在していた頃のこと。ブラジル人って誰かの家に集まってちょっとしたパーティをよくやるんですね。まあただの飲み会なのですが、みんなでビールを飲みながら、音楽をガンガンかけて踊ったりするパーティがあるんです。

そんなパーティで、あるブラジル人男性から「僕の心から愛する世界一の美女を紹介しよう」って言われて、ある女性を紹介されました。なんで僕にと不思議に思っていたんですが、その女性が日本人だったんです。彼は僕に紹介しながら「ほら、シンジ、俺のエミ(仮)、すごく魅力的だろう」みたいなことを言うわけです。僕ももちろん「うわあ、美しいね。はじめまして」と答えるんですが、エミさんも「はじめまして、日本人とこんな場所で会えるなんて」みたいなことを言ってたんです。

それで、彼がトイレかなんかでその席を離れることがありまして、僕とエミさんは日本語に変えて「どうもどうも」みたいな感じで、日本人っぽく話したんですね。それでエミさんがこう言ったんです。

「なんかごめんなさいね。パウロ(仮)が、私のこと魅力的だ綺麗だ最高だって言ってて、シンジさんも話あわせてもらって。
 私、全然自分のこと綺麗だとかは思ってないんですけど、パウロは本気で私のこと最高だって思ってるんです。あれ、本気で言ってるんですよ。全然、冗談じゃなく本気で私のこと綺麗だって思ってるんです。
 でも私、すごく嬉しいし、今幸せなんです。日本でいたとき、私ずっと自分がブスだってコンプレックスだらけだったんですけど、こっちに来たらいろんな顔の人がいっぱいいるし、私みたいな女性のことを好きだって思う男性も結構いるんです。
 それでパウロも本気で私のこと綺麗だって思ってくれてるんです。なんかシンジさんには話をあわせてもらって申し訳ないんですけど、そういうことなんです」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

thinktink_jp "あなたにもありますよね。好みのタイプ。女性からは「好きになったタイプが好みのタイプ」なんて言う人もよく聞きますが、男性の方が..." https://t.co/o9DFG5EZ1o https://t.co/ODsARMce88 #drip_app 1年以上前 replyretweetfavorite

hyakutaro_k よすぎ。。。「「誰一人として独りぼっちにはさせない」という、この世界の初期設定を作った人の「大きな愛」のような気がします。」 ⇨ 1年以上前 replyretweetfavorite

hamakihito 海外に住んでみると、結構好みが変わる。パプアとミャンマーに住んだら中国系の女性が好きになった。 “研ナオコっていますよね。彼女、欧米人から見ると、、、” 1年以上前 replyretweetfavorite