そしてみんな「ノマド」になる【第2回】

ノマドとサラリーマン。一体どちらのほうがより望ましい就労形態なのでしょうか? 答えは一筋縄ではいきません。どちらも一長一短。私はノマドのほうが性分にあっているようです。さてあなたは?

先週はノマドという就労形態がどんなものなのか説明しました。また、今後どうしてノマドが広まって行くのか、ノマド化のメリットを企業側の視点から説明しました。今週は視点を企業から個人に移して、ノマドという就労形態のメリット/デメリットについてお話したいと思います。

 私はさまざまな就労形態で働いてきました。日本企業での3年間の社畜的なサラリーマン生活から2年ほどの派遣労働、やがて7年間の外資系サラリーマン、そして7年間アップル本社での管理職を勤めました。さらに4年前からは自営業になり、昨年からは文筆業も始め、時折ノマドよろしくスタバで原稿を書いています。また合気道の道場を経営していたこともありました。これら様々な就労形態のメリット/デメリットを身を以て体験しましたので、これらの経験を踏まえつつお話ししたいと思います。

サラリーマンはホントに楽か?

 最近は「ノマドのほうが辛い。サラリーマンのほうが楽」という論調をあちらこちらで耳にしますが、本当でしょうか? 私個人はこれにあまり同意できません。ここではまず「社畜」と揶揄される日本企業のサラリーマンのデメリットについて考えてみましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ko_kishi 次回も大いに期待!♪>> "さて次回は「アメリカの社畜」をテーマに書いてみたいと思います。" |松井博|cakes http://t.co/5ynPYIeOgm 5年弱前 replyretweetfavorite

ko_kishi "スタバに行くとまわりに人がいて孤独感はやや解消されますが、スタバのコーヒーテーブルと椅子は決して働きやすいものではありません。" |松井博|cakes http://t.co/5ynPYIeOgm 5年弱前 replyretweetfavorite

ko_kishi "一人で仕事をしているとオフィスで愚痴る相手がいることや、つまらない飲み会に誘われることがどれほどありがたいことなのか骨身に沁みます。" 5年弱前 replyretweetfavorite

tommynovember7 食傷気味のこのテーマに孤独感という視点を持ち込んできたのは、ちょっと面白かった。 5年弱前 replyretweetfavorite