支配したがりをスルーする魔法の言葉/支配欲モンスター【その2】

やっかいな人を自分のお城に入れない方法――この連載では、いろいろなタイプのやっかいな人を取り挙げながら、彼らによって「心」という名の大切なお城を占領されないようにする方法を、 異色の僧侶・小池龍之介さんが伝授します。初回のテーマは支配欲の強い人。支配されないためには、コツがありました。

すべては、「この心」が感じること

ここからは、このお城の内部にひそむ、言わば「内敵」について述べてみましょう。
実は、どれだけ善意の押しつけを受けようと、どれだけ的外れなアドバイスをくどくど聞かされようと、どれだけ発言を頭ごなしに否定されようと、それに対してこの「内敵」がお城の中に火を放たなければ、お城はまったく平穏無事なのです。

それは、こういうことです。モンスター(のように見える人)が攻めこんできているように見えるかもしれませんが、実は、モンスターそのものは、お城に入ることはできません。

「え? そんな馬鹿な。あの嫌な人が、この心にドカドカと土足で踏み入ってきているのに、入ることはできないなんて、嘘だ」と、思われますでしょうか。

いいえ。それは、正確ではないのですよ。と申しますのは、その人がやったことや、その人が言った刺のある言葉は、事実です。
けれども、彼らの行動や言葉を強い印象として憶えておくのは、この心です。また、彼らの行動や言葉を、「許せない」とか「信じられない」とか「こんなに傷つけられた」と怒って、この心身にダメージを与えるのも、この心です。

あまつさえ、もう目の前に彼らがいない場所ですら—たとえば一人でお茶をしていたりベッドの中で横になっているとき—その人のことを想い出して怒るのも、この心なのです。

重要なポイントが、ここにあります。たとえどんなにモンスター的な人であってすら、その人にも私たちの心に対して、「これくらい嫌な気分になりなさい」と命じたり、決めたりすることはできません。

またさらに、彼らも私たちに対して、「いつ、どんなタイミングで、このことを思い出して辛い思いに浸るがいい!」などと命じることも、支配する権力も、有してはいないのです。

ですから、アグレッシブな人々も直接お城に入ることはできず、お城の内にいる「内敵」に対して、言わば反乱を起こして城内に火をつけさせるきっかけになる手紙を送りつける程度のことしか、できません。

内敵のことを、点検することこそが、このお城に火がついて陥落するのを防ぐための決定打となるのです。

お城の外の人は放っておいて、中のことを最優先に

では、押しつけがましい人が攻めよせてきたときに、彼らに呼応して騒ぎ出し、みすみす彼らのことを何度も思い出して苦しめさせとうとする内敵とは、何者でしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
やっかいな人を自分のお城に入れない方法

小池龍之介

他人は変わらないし、変えることもできない―― 。 でも、苦手だったり嫌いな人こそ、あなたの心に入りこんできて、 気づけばいつも、 その人のことばかり考えてしまう自分がいる……。 この連載では、その特性を知ることで、自分の心(=...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

koma_3_kurero 考えさせられました。 #小池龍之介 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

Franciscus_SH 必要な人、いっぱいいるよね。 私も。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

iuchikouta #SmartNews ほんとこれ https://t.co/Pye7hH5dbt 約1ヶ月前 replyretweetfavorite