ジェラシーは取り扱い注意! となりのあの子が気になるときに

気にしないつもりが、ついつい他人と比べてしまう。友達の結婚が決まったとき、同僚が褒められているとき。おせいさんこと、田辺聖子さんが落ち込んだ気分にそっと手当てをしてくれます。読むだけで気分が晴れるコンプレックスの処方箋。人気の書籍『歳月がくれるもの~まいにち、ごきげんさん』よりご紹介。


何もかも正面突破では身が持ちません。

時には自分を上手に逃してあげないと。

 あの人にはあんなに素敵な恋人がいるのに、どうして私にはいないんだろう。私だって仕事を頑張っているのに、どうしてあの人ばかり……。

人と自分を比べて、しょげたりしていませんか。

そんなことしても余計に自分がミジメになるだけ。いいことなんて、ひとつもありません。 賢い大人の女の人は、つまらないジェラシーから自分を防衛することを覚えましょうね。

「当たって砕けろ!」というけれど、何もかも正面突破で身が持ちますか。

「ヤバ!」と思ったら、砕ける前に逃げるが勝ち。自分の得意なほう、明るい気持ちでいられる方を探して、逃げ道、抜け道、ひょいひょい行ったらいいんです。

 恋愛だってそうですよ。この人、こんなこと言って、ちっとも頼りにならないわ、「ヤバ!」。そう思ったら、きびすを返して、おしまいにしてやったらよろしい。

ウジウジした暗い気持ちから自分を上手に逃がしてあげるんです。「ヤバ!」っていうのは、つまり危険を察知する野生のカンのことよ。女の人はそういう力をもともと持ってると思うの。

 こんだけしか給料あらへん。それならそれでこうしようって何とかするでしょ。

それとおんなじよ。ないならないで、人生もうまいことやりくりするのが女です。

 男の人はひとつ狂うとポッキリ折れてしまうことが多いけど、女の人はそのくらいではへこたれませんよ。ちぎれたら、また、うまいことくっつけて、なんぼでも続きをやれる。

 人と自分を比べて、つまらないジェラシーにとらわれているときって、視野が狭くなっているから、他に道がないと思い込んでいるのね。目の前にあるものだけが自分のすべてと思うことを「未熟」というんです。


それでもまだ「私、そんな立派な会社に勤めてるわけじゃないし、とりたてて面白い仕事をまかせてもらってるわけじゃないし、別の道なんて……」と思う?

それはね、見つけ方が足りない。

 おしゃれだって、自分が一番好きだなと思ってることが似合ってることよ。絶対そう。好きなものには、向こうから呼ばれる気がするでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
歳月がくれるもの~まいにち、ごきげんさん~

田辺聖子

満員電車の窓ガラスに映る、自分の顔が冴えないと思ったら。 思わず背中が丸まってしまうほど、疲れていたら。 ちょっとここに寄ってきませんか。 田辺聖子さんから、今を生きる人へのメッセージ。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Helmine_fx 「目の前にあるものだけが自分のすべてと思うことを「未熟」というんです」響くわー 2年以上前 replyretweetfavorite

thinktink_jp "大人がなんのために大人になるかっていったら、あとから来る人に、そういうひと言を言ってあげるためですよ。あなたが力を失くしてい..." https://t.co/dj7DwvSQ9B https://t.co/mhkNYLLeoy #drip_app 2年以上前 replyretweetfavorite