米倉涼子について語ることがない

第5シリーズがスタートした『ドクターX』、視聴率が20%を超えるなど絶好調ですが、その主演を務めるのが米倉涼子。キャリアが長く実績十分の大物女優ですが、「国民的女優」と呼ぶのがはばかれる雰囲気があります。それは一体なぜなのでしょう。武田砂鉄さんが分析します。

「国民的なブーム」に膨らんでいく感じがしない

この連載で誰を取り上げるかは、毎週、編集者と相談して決めており、繰り返し保留となった人物については携帯のメモに残しておく。人物名だけを残しておくのだが、小雪についてのみ「小雪が放つ緊張感」とある。いつか「小雪が放つ緊張感」について書く日はやって来るのだろうか。そのメモの冒頭に長らく鎮座してきたのが米倉涼子である。毎週、そうやって鎮座している状態を確認するのに飽きたので、今回取り上げてみることにする(これによって新たな冒頭は益若つばさとなる)。現在、シーズン5に入った大ヒットドラマ『ドクターX』は、他の連続ドラマが突出した視聴率を稼げていない中にあって、独走状態にある。2話見ただけが、ストーリー展開がハラハラドキドキするし(こんな稚拙な感想があるだろうか)、大ヒットドラマの多くが持つ決め台詞「私、失敗しないので」もある。でも、どうしてだか、この高視聴率ドラマが「国民的なブーム」に膨らんでいく感じがしない。人はみな失敗するから、決め台詞が使いにくいのだろうか。

テレビの前の私たちは、多くの芸能人を見て、何がしかの特徴を引っ張り出して語る。その語り部からの意見が集約され、芸能人のイメージが生まれていく。昨今、石田ゆり子が獲得している高評価は一朝一夕に生まれたものではないけれど、『逃げ恥』以降、一気に積極的に語られることで、「石田ゆり子的なものを石田ゆり子が独占している」状態にある。珍奇な言い方かもしれないが「○○的なものを○○が独占している」という状態は、その芸能人の特性の有無を伝えるのに便利である。「矢沢永吉的なものを矢沢永吉が独占している」に異論は皆無だろう。「武田鉄矢的なものを武田鉄矢が独占している」に渋々うなずくだろう。「若狭勝的なものを若狭勝が独占している」と言われても、若狭勝的なものとは何か、を考える時間がひとまず必要で、また来週の会議で話すことにしないか、そもそも芸能人じゃないし、と次回に繰り越さなければならなくなる。

発言が押し並べて単調

米倉涼子はあれだけキャリアが長く、実積もあるというのに、「米倉涼子的なもの」として独占しているものがない気がする。よって、論点が浮かび上がらない。大手事務所が言動を慎重に管理している、という分析ほどつまらない分析もないが、そういうつまらない分析を投げて終わらせたくなる。彼女がテレビでインタビューに答えている場面や、雑誌や新聞に掲載される記事の類いにしばらく意識的に触れるようにしていたのだが、その発言が、押し並べて単調であることにいよいよ気付いてしまった。女優のコメントがつまらなくても構わないのだが、どこかで聞いたことがあるようなことを、いかにも珍しそうに言う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

daiyatohanakuso サイコー こんなに文章でお腹痛くなったことない サイコー 1年以上前 replyretweetfavorite