TN君の伝記(なだいなだ)

人気ブロガーfinalventさんが、今の時代だからこそ読むべき、色褪せない名著を紹介する連載『新しい「古典」を読む」。記念すべき第一回は、幕末から明治期に実在した思想家の半生を追った『TN君の伝記』。TN君とは誰なのか。TN君の人生とはなんだったのか。そして、著者なだいなだはなぜ彼の伝記を書いたのか。本に書かれたものと、その奥にあるものまでもを読み解かれた書評です。

 先日、現在の出版界の状況といった話を人としていて、そこからつい、ひと昔前の出版の話に移りさらに「名著を読み返すことは大切ですよね」という話題に流れた。ある年代以上の人にありがちな観念奔逸であり、自由連想のまま、いくつか書籍や著者をしり取り遊びのように思い出しては口にしたが、話し相手からふと『TN君の伝記』が出た。私は心深く、奇妙な感覚に打たれた。

cover
TN君の伝記(なだいなだ)

 あの本はたしかに名著と言ってよい。今でも読み継がれ、地味にだろうが売れ続けてもいるだろう。しかし売れているのはたぶん、学校の先生が課題図書のように学生に読ませるからであって、現代の若い人が自ら率先して読もうとはしないのではないか。それに、と思う、あの本の時代背景はもう若い世代の人にはわからなくなっているのではないか。そう考えると、『TN君の伝記』を現代に読み返す意味なんてあるのだろうか。自問しつつ思いが沈み、それが心の底に至ると「読み直してごらん」という声が聞こえた気がした。現在はあの時代に少し似ているからかもしれない。読み返してみた。『TN君の伝記』は2002年に新書版の福音館文庫として再刊され、その後も版を重ねていた。

 『TN君の伝記』はタイトルどおり、TN君という男の人の人生をつづった書籍である。だから、TN君とは誰のことか、ということが気になる。そこがこの本の趣向でもあるのだが、謎解きではない。著者・なだいなだは、TN君の本名を明かさない理由として、「ぼくの知ってもらいたいのは、彼の名前ではなくて、彼がどんなふうに生きたか、ということだからだ」としている。「そのためには、名前なんてじゃまになる。そう思ったから、名前は出さない。名前というのは不思議なものさ。なんべんも名前を聞いて、顔をおぼえるとそれでその人間のことが、よくわかったような気がしてしまう」。口調からわかるように、中学生から高校生に向けた教育的な書籍である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

新しい「古典」を読む

finalvent

「極東ブログ」で知られるブロガーのfinalventさん。時事問題や、料理のレシピなどジャンルを問わない様々な記事を書かれているが、その中でもとりわけ人気が高いのが書評記事。本連載は、時が経つにつれ読まれる機会が減っている近代以降の名...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード