第21回】遺言より柔軟で認知症対策も 家族信託を使いこなせ!

2006年の信託法の改正により、これまでの民法では対応できなかったような相続対策が、柔軟に行えるようになった。制度の中身やノウハウを徹底解説する。

 「遺言で遺産を先妻との間に生まれた息子に相続させることは可能なのでしょうか」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
知らなきゃ損する 夫婦の法律相談

週刊ダイヤモンド

「多くの壁や困難が待っていますが……」。結婚式のあいさつでよく聞くフレーズ通り、夫婦は多くのトラブルに巻き込まれる。カネや子ども、家、親の問題などその中身はさまざまだ。そんなとき、法律の知識があれば乗り越えられることも少なくない。今こ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません