第16回】半数が夫の子ではない! 急増するDNA親子鑑定

自分の子どもかどうか、DNA鑑定してほしい。そんな依頼が急増している。夫婦の“かすがい”であるはずの子どもが、実は……。鑑定の現場を取材すると、驚くべき現実があった。

 このような結果が出ました──。そう言われて差し出された1枚の紙を見て、女性はため息をついた。しばらくその紙を見詰めた後、無言で席を立ち、料金を支払って事務所を後にした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
知らなきゃ損する 夫婦の法律相談

週刊ダイヤモンド

「多くの壁や困難が待っていますが……」。結婚式のあいさつでよく聞くフレーズ通り、夫婦は多くのトラブルに巻き込まれる。カネや子ども、家、親の問題などその中身はさまざまだ。そんなとき、法律の知識があれば乗り越えられることも少なくない。今こ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません