スクワット(不法占拠)」という、ドイツ独特の部屋

「不法占拠したカラクリ部屋」(ドイツ)と「戦争を知った部屋」(ボスニア・ヘルツェゴビナ)。ある若きフランス人写真家が6年かけて世界を旅し、55ヵ国1,200人のベッドルームを撮影。世界の「違い」を「同じアングル」であぶりだした壮大なドキュメンタリー作品がついに日本上陸。
都築響一も絶賛! 3月16日発売 『My Room 天井から覗く世界のリアル』より特別連載。

Germany/ドイツ

東西分裂から復活を遂げた欧州一の経済大国
人口:8249万人 平均月収:26万8千円 公用語:ドイツ語

不法占拠したカラクリ部屋

「空腹に追われることはないし、頭の上には屋根がある。それが幸せの本質だと思います。」
Elias / 24歳 パントマイマー

Hallo an alle. 消費と成功に焦点が当たる西洋社会において、別の生き方を貫く者は実に興味深い。物質的な欲望より、幸せの追求を優先させる。ベルリンで暮らすEliasはその決断をした1 人で、微塵も後悔していないことが一目でわかる。

実は彼は、この部屋の入居者でも家主でもない。家賃は払わないが法律違反ではない「スクワット(不法占拠)」という、ドイツ独特のスタイルでこの部屋に住んでいる。そのカラクリはこうだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

都築響一も絶賛! 世界の「違い」を「同じアングル」であぶりだした壮大なドキュメンタリー作品がついに日本上陸!

この連載について

初回を読む
My Room 天井から覗く世界のリアル

ジョン・サックレー

天井から、部屋を覗くと、世界が見えた。ある若きフランス人が6年かけて世界を旅し、55ヵ国1,200人のベッドルームを天井から撮影。格差、矛盾、夢、歴史…、世界の「違い」を「同じアングル」であぶりだしたドキュメンタリー作品。ナショナルジ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

suerene1 こうやって、それぞれの部屋に住むそれぞれの人の物語を読むと、色々感じるものがある。 → 「 スクワット(不法占拠)」という、ドイツ独特の部屋 https://t.co/3GaxwT7ziy 2年以上前 replyretweetfavorite