がんは寛解していますよ

小森谷くんは治療を続けながら、会社に少しずつ出社するようになった。同僚も、まだ本調子ではない彼のことを気にかけてくれている。社会復帰に励む彼だったが、やはり抗がん剤治療の結果が気がかりで……。
末期がんを宣告された男性の❝ありそうでなかった❞半生を描いた、『小森谷くんが決めたこと』を特別掲載!

 マスクにスキンヘッド、眉ナシ、と、かなり不審に見える男が、普通のサラリーマンに交じって通勤している。

 そんな外見でも、どうぞどうぞ、と妊婦の方に席を譲る。そんな外見でも、社会復帰した喜びに打ち震えている。

 治療はまだ続くため、彼の勤務時間は少なかった。

 抗がん剤投与のために、二週間に一度、病院に通い、その翌日は会社を休む。

 あとは検査と白血球生成を促す注射を打つため、週に一度か二度、病院に通う。

「小森谷くん、あとはやっとくから、もう帰りなさい」

 社内では彼の健康を心配してくれる人がいて、とてもありがたかった。

 逆に、彼の近寄りづらい風貌をイジってくる人がいて、それはそれでとてもありがたかった。

 研修から京都勤務を通じて、彼のキャラクターはすでに社内に知れ渡っていた。

 変に同情されることもなかったし、腫れ物に触るような扱いも受けなかった。

「小森谷くん、そういう人相だと、あれに似てるなあー」

「なんですか?」

「んー、ほら、あれだよあれ。ピッコロ大魔王」

「あー! 似てますね!」

 自分でも似ていると思った。それから彼は生まれて初めて、本格的なあだ名を得た。

「ピッコロくん、今日も人相が悪いねえ」

「ええ、魔族ですから。ふっふっふ」

 魔貫光殺砲をやってくれ、とか、口から卵を産んでくれ、とか、お願いだから地球征服は諦めてくれ、などと言われるたび、彼は内心喜んでいた。

 病気をしたが、自分の性格や性質は、昔と何も変わらない。

 病人扱いではなく、以前と変わらず普通に接してくれるのが、とても嬉しかった。職場の仲間たちは彼のことを、普通のナメック星人として扱ってくれる。

 職場復帰して一週間が経ち、彼は十回目の投薬に向かった。

 全十六回を予定した治療も、すでに折り返し地点を過ぎている。検査の結果、経過も順調らしい。

 ただ副作用は、以前とは比べものにならないほど強くなっていた。

 治療を終えて乗り込んだ車のなかで、彼は辛さのあまりそのまま動けず、眠ってしまったりする。

 季節は夏へと近付いていく。十一回、十二回目、と辛い投薬は続く。

 吐き気や体調不良は酷く、点滴中は腕や胸が焼けるように痛かった。

 あまりに辛いため、わざと睡眠不足で病院に行き、点滴中に睡眠をとってごまかそうとした。耐え難い六時間だが、とにかく何とかして耐えるしかない。

 そんな折、彼はWEBでホジキン病のコミュニティを見つけた。

 子供がまだ小さいなか闘病を続けている女性。家族がパニックに陥ってしまった人。

 自分より深刻な状況に置かれている人たち。

 自分などは恵まれているほうだと、彼は胸をいためながら思う。

 役に立つかどうかわからないけれど、自分のこれまでの数ヶ月の経験を伝えたり、励ましの連絡をしたりした。

 力にはなれないかもしれないけれど、何かの参考にはなるかもしれない。

 相手に感謝されると、自分の経験が誰かの役に立つことがあるんだな、と実感した。

 伝え、残すことは、誰かの助けになる。

 辛くて希有な経験をしたからこそ、それを何かに活かしたいと、この頃から彼は考えるようになる。

 十三回、十四回、と投薬は続き、副作用はさらに辛くなった。

 そんな辛い中だからこそ余計に、彼女のことを天使だと思ったのかもしれない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
余命2か月といわれた男—小森谷くんが決めたこと

中村航

僕、余命2ヶ月って言われたんですよ。でも、生き残っちゃいましたけど――。末期がんを宣告された30代男性の“ありそうでなかった”半生を、「100回泣くこと」の著者・中村航が小説化!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

restart20141201 強い人だ。 11日前 replyretweetfavorite