ホワイトハウス訪問で気づいたアメリカの「有害な政治環境」

ホワイトハウスに招待された渡辺由佳里さん。トランプ大統領を警戒する立場として、誘いを断ることも考えましたが、実際に行って現場の人たちから話を聞く内に、さまざまな気付きがありました。
アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが、アメリカの現在の政治環境について考えます。

トランプ率いるホワイトハウスへ

先月、アメリカ合衆国大統領官邸のホワイトハウスと国会議事堂を訪問してきた。

そこで交わした話の中で、今のアメリカは「有害な政治環境」になっているというトピックが印象深かったのでそのことを考えてみたい。

招待してくれたのは、過去4回の大統領選挙に関わった共和党の選挙キャンペーン専門家A氏だ。私がヒラリー・クリントンの支持者だったことも承知のうえだった。

光栄なことだが、最初のうちは断るつもりだった。
現在のホワイトハウスの住人が、人種差別や移民差別を助長させ、最も援助を必要とする国民から医療保険を奪い、地球の温暖化を否定し、国際関係を悪化させているトランプ大統領だからだ。

民主党員の知人も「なぜ敵陣地なんかに行くの?」と眉をひそめた。

だが、大統領は恒例の週末ゴルフで留守だというし、一生で一度のチャンスかもしれないので、招待を受けることにした。

今のアメリカの政治的環境はtoxicである
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Stompond 「選挙でどんなに激しく戦っても、政権の入れ替わりは非常に平和的です。これができるのが 3年弱前 replyretweetfavorite

Styro4mer この記事興味深かった https://t.co/Gzb8y43yMC 3年弱前 replyretweetfavorite

slowslowfood 読みながら、対岸ではなく、此岸のことを考えていた。 「ソーシャルメディアでは、偏見を抱くのも簡単だし、意見が異なる者を悪者扱いするのも簡単だ。」 |渡辺由佳里 @YukariWatanabe | 3年弱前 replyretweetfavorite

slowslowfood いつの間にか、対岸の話ではなく、此岸の話として読んでいた。 「ソーシャルメディアでは、偏見を抱くのも簡単だし、意見が異なる者を悪者扱いするのも簡単だ。」 |渡辺由佳里 @YukariWatanabe | 3年弱前 replyretweetfavorite