心臓を刺されても気が付かなかった!? とある美貌の皇妃の死の真相

ナイフと心臓を刺されたり銃で撃たれたりすると人は死んでしまいますが、中には「刺されても気づかない人」がいたりします。ハプスブルグの美貌の皇妃・エリザベート、彼女の死はやや特殊なものでした。そんな歴史上の人物の死から心臓の仕組みに迫るだけでなく、実は高血圧の治療はあてずっぽう?など、心臓にまつわる医療のヒミツをご紹介。医療小説の奇才・久坂部羊センセイが人体の不思議を紐解いてゆきます。

心臓一突きの死

もうひとつ心臓が止まる原因として、「心タンポナーデ」というものがあります。タンポナーデは生理用品の「タンポン」と同じ語源で、「詰める」という意味です。外傷や、「大動脈瘤」の破裂などで、心臓から出血し、心臓を包む「心嚢」という袋に血液が溜まると、心臓が圧迫されて動けなくなるのです。銃で撃たれたり、ナイフで刺されたとき、心臓をかすっただけでも死ぬのは、この状態になるからです。

1898年に、テロリストに殺害されたハプスブルク帝国の皇妃、エリザベート(1837~1898)の死因も心タンポナーデでした。エリザベートは当時、欧州きっての美貌と謳われ、残された写真や肖像画からは、評判に違たがわぬ美しさと気品が感じられます。


[皇妃エリザベート]
オーストリア皇妃。
欧州随一の美貌で知られたが、旅行中、
イタリア人アナキストに心臓を突かれて死亡。

しかし、その死はかなり特殊な状況だったと言わざるを得ません。旅先のジュネーブで、船に乗り込もうとしたとき、イタリア人のアナキスト、ルイジ・ルケーニ(1873~1910)が、拳を振り上げてエリザベートに襲いかかりました。彼女はその場に倒れましたが、助け起こされたときは、「大丈夫です」と応え、「あの男はわたしの時計を奪おうとしたのではないかしら」と言ったそうです。そのまま船に乗り込んだあと、しばらくして意識を失い、事件から約20分後に死去したのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

皇妃エリザベートは心臓を刺されても気づかなかった? カラダのトリビア満載!

この連載について

初回を読む
カラダはすごい! モーツァルトとレクター博士の医学講座

久坂部 羊

ようこそ、ミステリアスな医療の世界へ――。本講座では、モーツァルト、レクター博士、手塚治虫、ドストエフスキー、芥川龍之介、ゴッホ、デビットボウイなど、文学や映画、芸術を切り口に人体の不思議を紐解いてゆきます。脳ミソを喰われても痛くない...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mame623 エリザベートじや〜ん!> 約1年前 replyretweetfavorite

tomshirai 国民の健康増進をはかるなら、メタボ健診のような迂遠なことをするより、動脈硬化の標本を見せるほうが、はるかに効果的で安上がりだと思います。 約1年前 replyretweetfavorite

zukashikiko シシィの死に際を医学的見地から: 約1年前 replyretweetfavorite

natumegu88 ゾンビミュージカル笑 > 約1年前 replyretweetfavorite